ここから本文です

【編集部厳選!セリエA第2節ベスト11】覚醒中のベラルディ、セリエAで952日ぶりゴールのストロートマンら選出

フットボールチャンネル 8/30(火) 10:39配信

 セリエAの第2節が現地時間27日~28日にかけて開催され、その中から印象的なパフォーマンスを見せた選手の中からベストイレブンを選出した。

【動画】伊紙が特集したミラン本田“多彩な美技”映像

GK:アンドレア・コンシーリ(サッスオーロ)
DF:アンドレア・リスポーリ(パレルモ)
DF:メフディ・ベナティア(ユベントス)
DF:アンドレア・バルザーリ(ユベントス)
DF:ブルーノ・アウベス(カリアリ)
MF:サミ・ケディラ(ユベントス)
MF:ジョルジーニョ(ナポリ)
MF:ケビン・ストロートマン(ローマ)
FW:ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
FW:アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)
FW:アンドレア・ベロッティ(トリノ)
監督:シニシャ・ミハイロビッチ(トリノ)

ベスト11のフォーメーション

 ユベントスはアウェイでラツィオと対戦。終始ラツィオの組織的なプレッシングに苦しめられたものの、ベナティアがユベントスデビュー戦で驚異的なパフォーマンスを魅せ、ケディラの決定的なゴールで勝点3をもぎ取った。

 一方、ローマはストロートマンが実に952日ぶりにセリエAでゴールを決めた。カリアリに後半に2失点を喫してチームは引き分けたものの、同選手は長きに渡る負傷離脱から完全復活を果たした。

 そして、現在セリエAで最も好調を維持している一人がサッスオーロのドメニコ・ベラルディだ。ヨーロッパリーグ予選でも決定的なゴールを連発している同選手はセリエAでも2試合連続ゴールを記録。公式戦6試合で全試合でゴールを決めており、7ゴール1アシストと驚異的なパフォーマンスを維持している。残念ながら負傷により3試合離脱が見込まれているが、今季のベラルディの活躍には目が離せそうにない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 10:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。