ここから本文です

マラドーナ氏、盗難パスポートの所持で出国禁止「政治家の仕業だ」

フットボールチャンネル 8/30(火) 11:00配信

 アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、盗難パスポートを所持していたとしてアルゼンチンからの出国を禁じられたようだ。29日付のアルゼンチン紙『クラリン』を含む複数のメディアが報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 マラドーナ氏は、ブエノスアイレス郊外にあるエセイサ国際空港からドバイへ戻ろうとしていた。同氏がチェックインをするためにパスポートを提示すると、盗難パスポートであることが判明。それにより出国を禁じられている。

 当初何が起きたかが良く分からなかったマラドーナ氏は、電話で同氏の弁護士に状況を説明。そこで、誰かの罠にはめられたという感覚が徐々に膨れ上がって行き、この状況に政治が関与している考えに行き着いたようだ。

 マラドーナ氏は、「誰にも私の人生を決めさせはしないよ。15年間私は好き放題して来たんだ。私がすることに誰からも指図は受けない」と返答。そして、「盗難届を出すなんてばかばかしい。政治家によって仕組まれたこの偽装工作について調べるよう私の弁護士に頼んでおいた」と告げている。

 マラドーナ氏によれば、これはアルゼンチン大統領マウリシオ・マクリ氏の関係者からの「仕返し」だという。同氏は先日、マクリ大統領に対して批判的な発言をしたようだ。一方でマラドーナ氏の弁護士は、この可能性を否定しながらも「とても奇妙な事件だ」と首をかしげていると報じられている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 11:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。