ここから本文です

チェルシーMF、新加入の仏代表MFに「ラット」の愛称付ける。その理由とは?

フットボールチャンネル 8/30(火) 12:00配信

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、新加入のフランス代表MFエヌゴロ・カンテのニックネームを考えたようだ。29日に英紙『メトロ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 同紙によると、チェルシーの選手たちはチームメイトにニックネームを付けて呼び合っているとのこと。そこでアザールがカンテに対して”ラット(ねずみ)”というニックネームをつけたようだ。その理由は「とてもタフで縦横無尽にピッチを駆け回るから」とされており、プレースタイルから考え出された愛称だという。

 ニックネームを付けられたことについてカンテは「僕はそれが何を意味するのか全くわからないよ」と、不満そうなコメントを残している。ただ、その後にニックネームの由来に関して説明を受けたカンテは「僕はチームのためにベストを尽くしている。もし、チームの役に立つことができているのなら僕は幸せだ」と答えている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 12:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。