ここから本文です

バルサの若き守護神、退団したライバルとの関係性を告白「常に誠実だった」

フットボールチャンネル 8/30(火) 12:53配信

 バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、マンチェスター・シティへ移籍した元チームメイトのチリ代表GKクラウディオ・ブラボとの関係は「誠実なものだった」と明かした。29日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 2014年にバルセロナへ移籍したT・シュテーゲンだが、同年に加入したブラボと正GKのポジション争いを続けており、ルイス・エンリケ監督はリーグ戦でブラボ、チャンピオンズリーグやカップ戦はT・シュテーゲンと使い分けてきた。

 T・シュテーゲンはリーグ戦でも継続的な出場機会を望んでいたことを以前から明かしていたが、この夏の移籍市場でブラボがシティへ移籍したことで、リーグ戦第2節アスレティックビルバオ戦で今季初のリーグ戦出場を果たしている。

 この試合後、ブラーボとの関係を問われたT・シュテーゲンは「ふたりとも試合に出場したかったが、ポジションはひとつしかなく、たったひとりしかプレーできない。だから常にそのポジションを巡って戦うことになる。彼との関係は常に誠実だった」とを語った。

 なお、バルセロナはブラーボの代役としてアヤックスからオランダ代表GKヤスパー・シレッセンを獲得している。

 再び守護神の座を懸けた争いが続くことになるが、T・シュテーゲンは「今は違うタイプの競争がある。どうなるかは分からない。レギュラーは監督が決めることだ」と気を引き締めた。

 24歳という若さながらチャンピオンズリーグ優勝、国王杯優勝2回に貢献したT・シュテーゲンだが、加入3年目にしてリーグ戦出場は8試合に留まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 12:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。