ここから本文です

カシージャスが代表落選…元同僚S・ラモスも感嘆「歴史に残る選手がいないのは不思議」

フットボールチャンネル 8/30(火) 18:09配信

 レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、ポルトのGKイケル・カシージャスの代表落選に驚きを隠せないようだ。29日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 2018年ロシアワールドカップへ向けたヨーロッパ予選を戦うスペイン代表はジュレン・ロペテギ監督が就任して初めてとなる代表戦となるが、そのリストにスペイン代表最多出場数を誇るカシージャスの名前が無かった。

 マドリーと代表で主将を務めるS・ラモスは元チームメイトのカシージャスが招集されなかったことを嘆くとともに、時代の変化でもあると語った。

「歴史に名の残る選手がいないことは皆に驚きを与えると思う。代表にカシージャスがいないのは不思議なことだ。大きな変化と共に新しい時代が始まる」

 一方で、「イケルとはよく話す。しかし自分がこれについて意見するのに適切な人間ではない。監督の決定を尊重しなければならない」と述べ、それ以上の言及は避けた。

 スペイン代表は現地時間9月1日にベルギーと親善試合を行い、5日にワールドカップ欧州予選初戦でリヒテンシュタインと対戦する。

 カシージャス不在のGK陣には、ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、アドリアン(ウェストハム)、ペペ・レイナ(ナポリ)の3選手が招集されている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 18:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。