ここから本文です

清武、セビージャとハリルJの共通点は「走ることやデュエル」

フットボールチャンネル 8/30(火) 21:37配信

 日本代表は30日、来月初旬のロシアW杯予選に向け、合宿3日目の練習を行った。

 この日から、清武弘嗣が合流した。今夏、ドイツからスペインに活躍の場を移し、セビージャでプレーしている。リーガエスパニョーラでは2試合続けてスタメンで出場中。開幕戦ではゴールも記録し、ホルヘ・サンパオリ監督の信頼を獲得しているようだ。

 日本代表には久々の合流で、この日は初日だったが「すごいいい練習ができたと思う」と清武は言う。「走ることだったり、デュエルだったりというのは、ハリルさんもサンパオリも一緒」と、セビージャとハリルジャパンはスタイルが近いと感じている。

 さらに「セビージャの選手はみんなボール持てる。代表の選手もみんなボールを持てるので、その中で感覚は似ていると思う」とも。所属クラブと代表チームのスタイルに共通点があることは、清武としてもやりやすい部分があるはずだ。

 実力は申し分ない清武だが、これまではベンチスタートの試合も少なくなかった。しかし、チームをけん引しようという思いは強い。それでも、チーム全体で勝利を掴むことが重要だという。

「もちろんピッチに立って試合には出たいなという気持ちはあるけど、最終予選っていうのは全員が一丸とならないと厳しい戦いになる。そういう意味で誰が出てもしっかりといいプレーができるように、みんないい調整ができれば。試合に出ていない選手が途中で入って流れを変えることも必要になってくる」

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ヨーロッパリーグ3連覇中の強豪でスタメンを張る清武は、ハリルジャパンに何をもたらしてくれるだろうか。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 21:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。