ここから本文です

バルサ、ついにパコ・アルカセル獲得。交換でムニルがバレンシアへ

フットボールチャンネル 8/30(火) 22:25配信

 バルセロナは30日、スペイン代表FWパコ・アルカセルの獲得を発表した。バレンシアからの完全移籍で、5年契約を締結している。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールに次ぐ“第4のFW”獲得を目指していたバルサにとって待望の新戦力となる。それと同時に、控えとしてチームに貢献することを受け入れたと言えるだろう。

 バルセロナはクラブ公式サイト上でバレンシアに対し、移籍金3000万ユーロ(約34億円)+ボーナス200万ユーロ(約2億3000万円)を支払うと明かしている。また契約解除に必要な違約金は1億ユーロ(約114億円)に設定された。

 昨季リーガ・エスパニョーラで13得点を挙げたストライカーは今回の移籍際し、「ここにいられて嬉しい。偉大なクラブだ。献身と人間性、プロフェッショナリズムを提供したい」と意気込みを語り、「メッシやネイマール、スアレスは世界最高の3人。彼らとプレーできることは特権だよ」と、喜びをあらわにしている。

 すでにメディカルチェックを終えたパコ・アルカセルは、スペイン代表の活動を終えてからバルセロナに合流する。最短で次節アラベス戦でデビューを飾るかもしれない。

 また、パコ・アルカセルを確保したバルセロナは交換でFWムニル・エル・ハッダディをバレンシアにレンタル移籍させた。こちらの契約は1年間で、まもなく21歳を迎えるアタッカーにはエースの退団により空いた「9番」が与えられている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/30(火) 22:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。