ここから本文です

トヨタと次世代スタートアップが描く「モビリティの未来」 7つのコラボアイデアを紹介

Forbes JAPAN 8/30(火) 15:00配信

7月29日、東京・渋谷にスタートアップ10社が集結し、都市型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」をテーマにしたピッチコンテストが行われた。残念ながら入賞に至らなかった7企業のアイデアを紹介する。

i-ROADはもっと面白くなる!次世代スタートアップ10社がアイデア披露

■再生可能エネルギーで充電可能なインフラ構築
磯野久美子-自然電力グループ/juwi自然電力 オペレーション代表取締役

自然電力グループは全国で約700メガワット(2015年12月末時点)の太陽光発電事業に携わる事業団体。再生可能エネルギー発電所の開発・資金調達・EPC(設計・調達・建設)からO&M(運営と保守)のすべてを提供し、エネルギーの使い方まで考える「エネルギーデザイン」を提案。再生可能エネルギーでの充電インフラを提示。

資本金:7,020万円(自然電力)、設立:2011年6月、事業内容:自然エネルギー発電所の事業開発・資金調達等。グループ含めEPCからO&M

■乗車時間が貯まるポイントサービス
木村雄幸-H2H代表取締役兼CEO

H2Hが提供する「time wallet」は店舗や施設での滞在時間を貯めることができるポイントサービス。ユーザーは専用アプリを使って時間を貯め、タイムクーポンへ引き換えることで様々なサービスを楽しむことができる。タクシーへの導入例を生かし、i-ROADの乗車時間や充電時間を起点としたポイントサービスのアイデアを披露した。

資本金:1億5,702万円(資本準備金含む)、設立:2014年9月、事業内容:ポイントソリューションの開発及び販売、ポイントサービス及びメディアの運営

■走行場所とオーナー特性に合わせた情報を配信
萩原智啓-アクアビットスパイラルズ代表取締役CEO

スマートプレートは、ICチップ内蔵型のコミュニケーションデバイス。スマートフォンをバッテリー不要のカード型デバイスにかざすことで様々なサービスやコンテンツを開くことができる。クラウドから配信コンテンツを個別に制御できる強みを生かし、i-ROADへのパーソナライズされた情報配信システムの搭載を提案した。

資本金:4,545万円(資本準備金含む)、設立:2009年3月31日、事業内容:近距離無線通信を活用した情報配信プラットフォーム提供、コミュニケーションシステム研究開発

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。