ここから本文です

【日本代表】左SBで先発なるか!? 「ピンポイントで合えば1点」。レフティ太田宏介の揺るぎない自信

SOCCER DIGEST Web 8/30(火) 12:00配信

宇佐美や浅野に好クロスを供給。「来たからには試合に出たい」。

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選に挑む日本代表は8月29日、UAE戦に向けてトレーニングを実施。この日の最後のメニューは、中盤からサイドに展開し、そこからのクロスを中で合わせるパターン練習だった。
 
 中盤は柏木陽介、山口蛍、大島僚太。前線の3人は宇佐美貴史、小林悠、浅野拓磨で、右サイドは酒井宏樹と遠藤航、そして左サイドは、昨年の東アジアカップ以来の選出となる太田宏介が務めた。
 
 中盤からの長いボールを足もとに収めると、自慢の左足で正確なクロスを供給する。メンバー発表の会見時、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「今回は、左利きが必要かと思いました」と太田について言及。約1年ぶりの代表復帰で、「試合に出るかは様子を見ます」(ハリルホジッチ監督)とのことだが、太田がピッチに立つ可能性は十分にある。
 
 すでに周知のとおり、不動の左SBである長友佑都は、怪我のため今回の9月シリーズは不参加に。代役は、左右をこなせる酒井高徳か、あるいは、精度の高いセットプレーも蹴れる太田なのか――。
 
「来たからには試合に出たい」
 
 太田は言葉に力を込める。キックの上手さには定評があり、「セットプレーで点が取れるのは、チームとしてもデカいと思う。向こう(オランダ)でも練習していましたし、チャンスがあれば蹴りたい」と意欲的だ。
 
 久々に代表に呼ばれたことについては、「素直に嬉しかった」。最終予選という厳しい舞台で戦う覚悟もできている。「簡単な試合はひとつもないと思う。とにかく練習の中から緊張感を持って、一人ひとりがやっていかなければいけないし、個人としても、チームとしても結果を残したい。そういう想いで帰ってきた」。
 
 初戦のUAEは引き気味に戦ってくることが予想される。守りを固めてくる相手をいかにこじ開けるか。そのイメージもできている。
 
「どれだけDFがいても、ピンポイントで合えば1点になる。そこはずっと練習してきて、自信を持っている。そういうところを出せれば」
 
 長友離脱という側面はあるにせよ、代表で存在感を示すチャンスが訪れようとしている。あとは自分次第。決して長くはない活動期間の中で、試合でも練習でも猛アピールを見せ、左SBの序列を覆すような活躍を期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表】本田圭佑がUAE戦に見出す勝利+αの“使命”

最終更新:8/30(火) 15:42

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。