ここから本文です

【京都】2012年度の高校選手権得点王が京都に加入。東洋大MF仙頭啓矢の来季新加入内定を発表

SOCCER DIGEST Web 8/30(火) 19:45配信

高いテクニックでチャンスを演出する攻撃的MF

 8月30日、京都が仙頭啓矢(東洋大)の来季新加入内定を発表した。
 
 仙頭は高校時代、京都橘高の一員として2012年全国高校サッカー選手権大会に出場。小屋松知哉(現・名古屋)と2トップを形成し、チームを準優勝に導いた。小屋松とともに大会得点王に輝き、大会優秀選手にも選出。京都橘高を卒業後は東洋大に進学している。
 
 なお、仙頭は京都の公式HPにて以下のコメントを残している。
『まず初めに、両親や指導者の方々、ここまで支えていただいた皆さまに感謝いたします。そして、小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ、とても嬉しく思います。サンガは小さい頃からよく観ていた、憧れのクラブです。そんなチームでプレーできることを心から嬉しく思います。また、京都は自分を人間としてもサッカー選手としても大きく成長させてくれた地であり、その地に恩返しができるように京都サンガF.C.を盛り上げていきたいと思っています。タイトル獲得に貢献できるよう、感謝の気持ちを忘れずに日々努力して参りますので、たくさんの応援よろしくお願いします。』
 
【仙頭啓矢選手 プロフィール】
ポジション:MF
生年月日:1994年12月29日(21歳)
出身:大阪府枚方市
身長/体重:170センチ/63キロ
主な経歴:
2010-2012年 京都橘高
2012年度 全国高校サッカー選手権大会 得点王・優秀選手
2013~ 東洋大
関東大学サッカーリーグ2部ベストイレブン
 

【2016高校・ユースPHOTO】来季Jリーグ入り内定プレーヤー&有望株15選

最終更新:8/30(火) 20:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。