ここから本文です

Gotchが語る、ミュージシャンと社会の関係性(後編)

ローリングストーン日本版 8/30(火) 12:00配信

2ndソロアルバム『Good New Times』をリリースしたGotch。インタヴュー中編で、「俺にまつわる全体像」と語っていたアルバムに収録されている楽曲には、Gotchによる今の社会へのストレートなメッセージも多く含まれている。そんな彼に、音楽と政治の"ボーダー"について聞いた。

Gotch、2ndソロアルバムを語る「自分の音楽なんて徹底的に"外側"にしかない」(前編)

―4曲目の『The Sun Is Not Down』とか『Independence Dance』も、かなり社会的なことを歌った歌詞ですよね。この間Gotchもリツイートしていたけれど、大阪市立大学の准教授、増田 聡さんの記事でGotchのことを「音楽を聞く人たちの政治イメージの狭さを広げようとしている音楽家なのではないか」と書いていましたよね。「音楽に政治を持ち込むな」ということを言う人も多いですが、改めて音楽と政治に関して考えを聞かせてもらえますか。

あらゆることに対して、ボーダーみたいなものがあることに安心するっていうのはわかるんですよ。例えば、自分の家と自分の家の外において、壁というボーダーがあることによって安心するわけでしょ。それはわかるけど、政治ってもっと曖昧なものであって、"政治的である""政治的でない"って、パキっと線なんて引けないと思うんです。言葉でしかないから。そういう意味では、政治的であるか、そうじゃないかっていう部分には、もともとラインがないんじゃないかと思ってる。そういう分け方をしていくこと自体、不自然なんじゃないかなとは思うけど。だってミュージシャンは政治と関係しているじゃないかって思うし。例えば消費税が10%になるかどうかって話は関係してるでしょ。

―そう思います。

だがら、よくよく考えたら、ミュージシャンは政治と繋がってると思うんですよね。俺、細美(武士)くんがライヴのチケット代を頑なに上げないのは、めちゃくちゃかっこいいと思ってるんだけど。

「社会がどうあるかっていうことは、音楽とすごく関係がある」

―チケット代、2,600円ですよね。

若い子たちは、親の稼ぎとかによって小遣いが違うわけでしょ。そういう子にもライヴを観せてあげたいと思うんだよ。でも、社会が豊かじゃなかったらチケット代を出せない人がたくさん出てくるかもしれない。みんなの可処分所得が月に500円しかなかったら、俺たちのCDだって聴けないし、ライヴも観られるわけがないでしょ。だから、人間として最低限の豊かさをどう考えるかっていうことは、ものすごく音楽と関係があると俺は思う。それを考えようとすると、どうやったって政治的な話になると思うんです。政治的というか、社会的なことだと俺は思うけど。社会がどうあるかっていうことは、音楽とすごく関係がある。だから関わらないわけにいかないんじゃないかって、この歳になってすごく思うんです。死ぬほどバイトをしないと学校に行けない子は、いないほうがいいと思うし。

―うん。

そういうことを考えるのがどうしていけなくて、やめろって言われなきゃいけないのか全くわからない。ただそれだけなんです。そこにラインはないよ、みたいな。じゃあ例えば、何で生まれながらに差があるのか。どうしていい家に生まれたヤツだけが勉強する機会をたくさん与えられるのか。いい塾に行ったり、いい私立の学校に行ったりできる。幼稚園の段階で金を持ってて、慶応の幼稚舎に入れたら、エスカレーターで大学まで行ける。で、学閥があって、いい就職ができて、地位も高くなるわけでしょ。そこでグルグル回されたら、田舎にいる人たちのチャンスなんてほとんどないじゃない? ほとんどの人はそういうサイクルとは別のところにいるわけでしょ。そういうものを良しとしていけばいくほど、富が偏っていく。フェアネスが全くないよね。全くではないかもしれないけど、かなり軽んじられてる感じがする。

一番大事なのは、フェアだってこと、フェアってどういうことなんだろう?って考えることだと僕は思っているんです。本当に能力があるヤツが成功するのはい いことだと思う。それに対しては何も思わない。だけど、本当にみんな同じスタートラインから競争させてもらっているのか。同じラインからスタートして成功 した人が出たら、その成功した人は社会に何かを返すと思う。"これはギフトだ"って思うはずで、そこで得たものに執着しないっていうか。今ってそれもない じゃないですか。成功したヤツらは成功したヤツらで"そんなこと知らない。俺らに有利な政策をしろ"みたいなことを望んでるような社会に見える。それで、 どんどん貧しい人と富める人が分かれていく。俺は、儲けてる人たちや、才能ある人たちこそ、社会に返せと思うわけ。そんなにお金なんていらないだろ? って。

1/2ページ

最終更新:8/30(火) 12:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。