ここから本文です

リアーナ、VMAでマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード賞を受賞:「故郷のみんなはきっと誇りに思ってくれてる」

ローリングストーン日本版 8/30(火) 17:15配信

特別賞であるマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード賞を受賞したリアーナ、VMA授賞式ではダンスたっぷりのパフォーマンスを披露。

【動画あり】リアーナ、VMAでマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード賞を受賞:「故郷のみんなはきっと誇りに思ってくれてる」

リアーナのミュージック・ビデオの巧さが、2016年のMTVビデオ・ミュージック・アワードのテーマだ。今年、このバルバドス出身のポップ・シンガーは、特別賞であるマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード賞の受賞者となった。リアーナは、この授賞式のショーで、さまざまなジャンルの音楽を讃える4つのメドレーを披露した。

リアーナは、ダンス・メドレーでこのショーの幕を開けた。彼女の持ち歌のなかからアップテンポでヘヴィーなビートのヒット曲を並べ、素早く切り替えて演奏した。メドレーには、『ドント・ストップ・ザ・ミュージック』や『オンリー・ガール(イン・ザ・ワールド)』のほんの一部と、『ウィー・ファウンド・ラヴ』や『ホエア・ハヴ・ユー・ビーン』の一節が含まれていた。リアーナは、ピンクの衣装をまとわせたダンサーのグループを引き連れ、統一感のあるパフォーマンスを披露。

2曲目は、カリビアン・ミュージックへのオマージュを重ね合わせたダンスホール向きのメドレーで、ダンサーのスクラムに導かれて登場。ラガマフィン色の濃い、『ルード・ボーイ』と『ホワッツ・マイ・ネーム』のそれぞれの一部を演奏した後、2016年のスマッシュ・ヒット『ワーク』へとなめらかに移った。

次のセットは『ニーデド・ミー』の独唱からスタート。何度か音程を外したが、リアーナの背後のライトがフラッシュしながら、激しいアレンジの『プア・イット・アップ』に移っていくと、そんなことは帳消しとなった。

そしてこのセクションを、『ビッチ・ベター・ハヴ・マイ・マネー』の演奏で締めくくった。この曲が終わりに近づくと、カメラはこのシングルをプロデュースしたカニエ・ウエストの笑顔を捉えた。

一連のパフォーマンスの最後の演奏では、持ち歌の中から痛切なバラードに的を絞り、ストリングス・セクションと数人のホーン・プレイヤーの助けを借りながら、『ステイ』、『ラヴ・オン・ザ・ブレイン』と『ダイヤモンズ』を歌い上げた。ドラマティックなエンディングの後、歌姫リアーナはタキシード姿のドレイクからヴァンガード賞を授与された。

「本当に素晴らしい夜だわ。私の音楽人生で最高のひとときよ」とリアーナは観客に向かいスピーチ。「ヴァンガード賞のことを思った時、そして今夜、その賞を受け取って思い浮かぶのは私の国のことばかりよ。故郷のみんなはきっと誇りに思ってくれてる。私の国とその周りに上陸した初めてのヴァンガードよ」。

「私の成功は、最初、私の夢から始まった」と彼女は続ける。「でも、もう私の成功は私だけのものじゃない。それは私の家族の、ファンのみんなの、私の故国の、カリブ全体の、すべての女性の、すべての黒人女性のものよ」。リアーナはこの夜をドレイクとMTVへの感謝の言葉で締めくくった。「本当に楽しかったわ!」と高らかに言った。

受賞したヴァンガード賞の他にも、リアーナは今年の最優秀女性アーティスト・ビデオ賞と、『ワーク』で最優秀コラボレーション賞にノミネートされた。

Translation by Kise Imai

Elias Leight

最終更新:8/30(火) 17:15

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。