ここから本文です

パール・ジャムのエディ・ヴェダーとエルヴィス・コステロが共演

ローリングストーン日本版 2016/8/30(火) 13:30配信

パール・ジャムのエディ・ヴェダー、カリフォルニアで行われた初開催のフェスでピンク・フロイドもカヴァー、ジャック・アイアンズと共演した。

【動画あり】パール・ジャムのエディ・ヴェダーとエルヴィス・コステロが共演

8月27日夜、カリフォルニア州でオハナ・ミュージック・フェスティバルが初めて開催された。ヘッドライナーはエディ・ヴェダー。このパール・ジャムのシンガーはフェスティバル全体を通じてその存在感を示した。エルヴィス・コステロのセットにヴェダーは飛び入りして、『ピース、ラヴ・アンド・アンダスタンディング』を一緒に歌ったのだ。

Stereogumによると、ヴェダーはXのセットでもカメオ出演。このロサンゼルスのパンク・バンドと共に『ニュー・ワールド』を演奏した。またそのあと、ジャック・アイアンズのセットで再登場し、元パール・ジャムのドラマーであるアイアンズと共にピンク・フロイドの『クレイジー・ダイアモンド』を熱くカヴァーした(アイアンズは数時間後、ヴェダー自身のヘッドライン・セットで『インディファレンス』を演奏するときにドラマーとして貢献した)。

ヴェダーは、自身のソロとしてのセットで、さらに1曲ピンク・フロイドのカヴァーを絞り出した。アルバム『狂気』の『狂人は心に』だ。パール・ジャムは2016年のツアーでも、ステージで『テン』のグループをゆっくりと"マシーン"(ピンク・フロイドの『ようこそマシーンへ』のメタファ)へモーフィングさせながら、『コンフォタブリー・ナム』と『星空のドライブ』をよく演奏していた。

ヴェダーのセットでは、彼自身がジャック・ホワイトのサードマン・レコーズで6月に録音した『アウト・オブ・サンド』を初めてライヴで演奏した。オハナ・フェスティバルに出演した仲間には、X、バンド・オブ・ホーセズ、そしてヴェダーのセットの舞台にも上がった長年の友人でサーファーのケリー・スレーターがいた。

Translation by Kise Imai

DANIEL KREPS

最終更新:2016/8/30(火) 13:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。