ここから本文です

パール・ジャムのエディ・ヴェダーとエルヴィス・コステロが共演

ローリングストーン日本版 8/30(火) 13:30配信

パール・ジャムのエディ・ヴェダー、カリフォルニアで行われた初開催のフェスでピンク・フロイドもカヴァー、ジャック・アイアンズと共演した。

【動画あり】パール・ジャムのエディ・ヴェダーとエルヴィス・コステロが共演

8月27日夜、カリフォルニア州でオハナ・ミュージック・フェスティバルが初めて開催された。ヘッドライナーはエディ・ヴェダー。このパール・ジャムのシンガーはフェスティバル全体を通じてその存在感を示した。エルヴィス・コステロのセットにヴェダーは飛び入りして、『ピース、ラヴ・アンド・アンダスタンディング』を一緒に歌ったのだ。

Stereogumによると、ヴェダーはXのセットでもカメオ出演。このロサンゼルスのパンク・バンドと共に『ニュー・ワールド』を演奏した。またそのあと、ジャック・アイアンズのセットで再登場し、元パール・ジャムのドラマーであるアイアンズと共にピンク・フロイドの『クレイジー・ダイアモンド』を熱くカヴァーした(アイアンズは数時間後、ヴェダー自身のヘッドライン・セットで『インディファレンス』を演奏するときにドラマーとして貢献した)。

ヴェダーは、自身のソロとしてのセットで、さらに1曲ピンク・フロイドのカヴァーを絞り出した。アルバム『狂気』の『狂人は心に』だ。パール・ジャムは2016年のツアーでも、ステージで『テン』のグループをゆっくりと"マシーン"(ピンク・フロイドの『ようこそマシーンへ』のメタファ)へモーフィングさせながら、『コンフォタブリー・ナム』と『星空のドライブ』をよく演奏していた。

ヴェダーのセットでは、彼自身がジャック・ホワイトのサードマン・レコーズで6月に録音した『アウト・オブ・サンド』を初めてライヴで演奏した。オハナ・フェスティバルに出演した仲間には、X、バンド・オブ・ホーセズ、そしてヴェダーのセットの舞台にも上がった長年の友人でサーファーのケリー・スレーターがいた。

Translation by Kise Imai

DANIEL KREPS

最終更新:8/30(火) 13:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。