ここから本文です

独占スクープ、中国海軍の尖閣上陸第一陣の精鋭部隊をハワイで発見!

週プレNEWS 8/30(火) 6:00配信

6月30日から8月4日まで、米・ハワイに計26ヵ国の海軍が集結した国際軍事演習「リムパック2016」。

現地で取材したフォトジャーナリストの柿谷哲也氏は、ある日のダイバー訓練で、「明らかにただ者ではない」中国海軍ダイバーを目撃した。

身の回りの装備は西側諸国製の一流品。どこの部隊所属か、といった質問をしても、訓練を取り仕切っていた米海軍の広報官にことごとく遮(さえぎ)られる…。唯一、彼らの正体を示していたのが、岸壁で着用していた使い古されたジャングルハットだ。

「単なる水中作業専門の潜水士ならあのハットは不必要。上陸後、頭部をカモフラージュして周囲に溶け込むためにかぶるものです。彼らは『水中破壊部隊』のダイバーではないでしょうか。

中国海軍陸戦隊が尖閣(せんかく)諸島を占拠するべく上陸作戦を決行する前夜、日本側が仕掛けた機雷など水中の爆発物や、上陸作戦を阻む陸上の障害物を爆破処理するために投入される“第一陣”の精鋭部隊です」(柿谷氏)

演習期間中は日々、日米vs中国、そしてロシアによる「尖閣前哨戦」ともいうべき情報戦が繰り広げられていた。

★無礼千万の中国、引っかき回すロシア。“仁義なき情報戦”が示す日本の未来とは? 日・米・中・露による緊迫の「尖閣前哨戦」レポートは、『週刊プレイボーイ』37号(8月29日発売)に掲載!

(取材・撮影/柿谷哲也 構成協力/小峯隆生)

最終更新:8/30(火) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。