ここから本文です

崖っぷち結婚相談所:社内のマドンナ的存在のモテ女に見せつけられた、圧倒的な「モテ」格差

東京カレンダー 8/30(火) 5:20配信

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

【この記事の全ての写真】

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

恋愛市場で負け続け、さすがに危機感を持ち始めた杏子。そんな彼女は婚活に本腰を入れることを決意し、結婚相談所に登録をした。そして初のマッチングデートを済ませたものの上手く行かず、婚活アドバイザーの直人から痛烈なダメ出しを受けてしまったが...?

―あの女と私は、一体何が違うの...?



「食事会にイイ男はいないとか、そういった固定観念や高飛車な思想は捨てて、とにかく出会いの機会は逃さないようにしてください。少なくとも、杏子さんはもう少し異性に慣れてください。」

婚活アドバイザーの直人に口を酸っぱくして何度も言われたため、杏子は久しぶりに食事会に参加してみることにした。

もちろん、婚活のメインは結婚相談所だ。杏子はその後、自分からも3人の男性に「会いたい」のオファーを出した。(自分からオファーなんて出したくはなかったが、直人に強制された)

さらに直人は、次のマッチングデートまでに、できるだけ杏子自身でも男性と触れ合う機会を作り、モテる女の観察をするよう指示した。要は宿題を出されたようなものだ。

もはや婚活とは、受験や就活と同じものなのかもしれないと、杏子は思う。

つい最近まで、婚活目当てで食事会を渡り歩いているような、雰囲気だけ可愛い系のOLを、杏子は馬鹿にしていた。エリートサラリーマンに群がるみっともない女たちだと、完全に見下していた。

しかし、それは間違っていたのかも知れない。

彼女たちは、少なくとも杏子よりはずっと早く結婚のハードルの高さを認識し、戦略を練ってアクションを起こしていたということだ。今となっては尊敬にすら値する。(態度には出さないが)

そして実際、彼女たちのほとんどは、30歳までにそれなりの相手とゴールインを果たしていた。

自分にも、同じ業が成せるのだろうか。

1/3ページ

最終更新:8/30(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。