ここから本文です

女性誌の「“トンデモ”着回しコーデ設定」傑作選

R25 8/31(水) 7:00配信

流行のアイテムを使って30日間、ないしは2週間の着回し術を紹介する、ファッション誌の定番企画「着回しコーデ」。男性陣は馴染みが薄いかもしれないが、女性のファッション誌には、単なる着こなし紹介だけでなく、“主人公”が恋に仕事に着回しに命をかける、トンデモストーリーが掲載されていることが多い。

「大手広告代理店のキラキラ新入社員などが、定番の主人公設定なのですが、最近では『エヴァンゲリオン』オタクカップルの着回しや、逃亡犯の30日コーデなど、想像の斜め上をいく設定がファッション誌にあふれています」

そう語るのは、女性向けサイト『サイゾーウーマン』で「女性誌速攻レビュー」を担当しているライター・ルイーズ真梨子氏。

「詳しい年代は不明ですが、2000年前後から着回し企画が誌面に登場していたようです。当初は『内勤vs.外勤着回しコーデ』『パンツ派 vs.スカート派』など、アイテムごとにコーディネートを披露していく企画が多く、ストーリー性はあまりなかったのです。そして、2005年頃に人気を博した『PINKY』や『CanCam』がコーディネート企画を毎号掲載するようになり、着回しする女性の職業が多様化したことで、主人公が奇抜になっていきました」

その後も各誌は競うようにして「着回しコーデの主人公」を進化させてきたという。そこで、ルイーズ氏に数あるなかでも特に衝撃的な着回しコーディネート企画を教えてもらった。

●『PINKY』(集英社)2010年2月号

現在は休刊している『PINKY』最終号に掲載された着回し企画は「美人3姉妹が事件を解決 We are CAT’S ANGEL!」。CAT’S ANGELというカフェで働く美人3姉妹が事件を解決する、某有名マンガを彷彿とさせる内容。セクシーな長女やボーイッシュな三女が着回しを披露するが、自分のことをCAT’S EYEだと思い込まなければ成立しない設定だ。

「じつは、『PINKY』こそがトンデモ設定の着回し企画のパイオニアなんです。毎号さまざまな着回し企画を掲載して人気を博しましたが、もっともインパクトが大きかったのは、やはり『We are CAT’S ANGEL!』ですね」

●『BAILA』(集英社)2015年1月号

ルイーズ氏いわく、“かなりぶっ飛んでいる”と語るのが『BAILA』の着回し企画。とくに、作家の柚木麻子さんが脚本を担当する着回しシリーズは、第一弾の“美人逃亡犯コーデ”が話題になった。なかでもおすすめは、シリーズ第二弾の「潜入捜査もおしゃれ&スマートに 絵美里スパイになる。モノトーンベース着回し2weeks」だという。派遣切りにあったばかりのOL・絵美里が企業スパイの疑惑をかけられて、最終的には真犯人を捕まえるといった大捕り物だ。

「もちろん突拍子もないストーリーですが、一番の見どころは絵美里の金銭感覚。『スパイといえばトレンチコート!』なんていいながら、8万5000円のトレンチコートを取り急ぎ買うなど、ここぞとばかりにほしいものを大量購入! 最終的には、総額40万円の服を2週間着回します。念を押しますが、彼女は元派遣社員です」

●『CLASSY.』(光文社)2016年6月号

20~30代の働く女性を対象にした大人カジュアルや清楚系のファッションを紹介する同誌。しかし、今年の6月号で主人公になった「大学卒業後に入った会社を辞めて現在の劇団に入団」した女優の卵・まどかは、役作りのために10kg太らなくてはならない、という試練が課せられているという、てんこ盛りの内容。

「読者層と劇団員はかけ離れているし、劇団員は『CLASSY.』を果たして読むのか疑問です。もはや読者を笑わせにかかっているとしか思えません(笑)。同誌は鉄オタカップルの着回し術など、設定にこだわった着回し企画が多いので、とても興味深いです」

どれも、現実離れしまくっている設定だが、今後もトンデモ設定の着回し企画は増加していってほしいと、ルイーズ氏。

「着回し企画増加の背景には、OLさんの勤務時の私服化が大きく関係しています。制服がない会社でのオフィスカジュアルとして参考にできる着回しが当初のコンセプトだったはずですが、毎月掲載するうちにネタが切れ、現在のようなカオスな状況になった可能性は高いです。そうはいっても、毎号楽しみにしているのでどんどん奇抜になっていってほしい、というのが個人的な意見です(笑)」

突っ込みどころ満載の着回し企画。男性諸君も、女性誌を一度手に取ってみてはいかがだろうか?

(大貫未来/清談社)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/31(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。