ここから本文です

男女300人に調査「恋愛の同時進行、アリ?」

R25 8/31(水) 7:00配信

「ほかに女がいるんじゃないの!?」なんて痴話げんか、男女の間ではよくある話。火のない所に煙は立たないもので、指摘したことが事実だったなんて顛末も、これまたよくある話だ。そこで恋愛の “同時進行”の経験率と、どれくらい問題だと思っているのかを、25~34歳の働く独身男女各150人に調査をしてみた!(R25調べ、協力/アイリサーチ)。すると、「同時進行の経験がある」と答えた男性は18.0%(18人)、女性は20.0%(30人)と、女性の方がわずかながら多いという結果に。その理由を見ていこう。

【同時進行してしまった理由は?】
※単一回答

「次の相手と付き合う期間が被ってしまったから」男性10人/女性10人
「別の相手のことも好きになってしまったから」男性8人/女性13人
「本命を見定めるためのお試し期間として」男性6人/女性8人
「本命とは別の遊び相手がほしかったから」男性7人/女性4人

「期間が被ってしまったから」は男女ともに10人だったが、「別の相手のことも好きになってしまったから」は女性の方が多いという結果に…! サンプル数が少ないので一概には言えないが、今回の調査では女性の方がやや“移り気”という印象だ。では肝心かなめの「同時進行の是非」について、男女各150人に聞いた結果の発表だ!

【同時進行についてどう思う?】
※単一回答

「絶対にするべきではない」男性42.0%/女性40.7%
「場合によるが、しない方がいい」男性38.7%/女性42.0%
「バレなければどうということはない」男性10.0%/女性7.3%
「積極的にするべきだ」男性0.7%/女性0%
「特になんとも思わない」男性8.7%/女性6.7%

「絶対にするべきではない」は男性の方がわずかに多かった一方で、「バレなければいい」「なんとも思わない」についても、男性の方が僅差ながら多い結果になった。総じて男女ともに「するべきではない」という至極真っ当な意見に。とはいえ恋は盲目。頭ではわかっていても好きになってしまったが最後、行動は止まらないんですよね~。

(吉々是良)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/31(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。