ここから本文です

北川景子、江角マキコら 連ドラで頻出の「個性派断言美女」

NEWS ポストセブン 8/31(水) 7:00配信

 2週連続、2桁視聴率を記録して今クールの連ドラの中で、健闘している『家売るオンナ』(日本テレビ系)。主演している北川景子(30才)の存在感が抜群だ。コラムニストのペリー荻野さんが北川の演技について語る。

 * * *
 今、一番ノッてる女優は誰か。勝手に認定させてもらえば、それは北川景子である。

 主演作『家売るオンナ』では、不動産会社のチーフ営業ウーマン三軒家万智役。「私に売れない家はありません」と断言する彼女の成績はダントツの第一位。営業所の売り上げ棒グラフがホワイトボードを突き抜ける勢いだ。

 しかし、その仕事ぶりは恐ろしいほどに独創的。同僚にも顧客にもにこりともせず、家を売るためなら即突進。亡き祖母との思い出にこだわる子どものためには庭の木によじのぼって伐採した枝を新居に持ち込む。ゴミ屋敷の女性と小箱一つ分の荷物で暮らすミニマリスト男性のカップルには狭小三階建ての一階と三階で自分らしく生活したらと提案する。殺人事件があった事故物件邸宅については「このあたりは血だまりだったそうです」と平然と顧客に説明しながら、病院の手術室勤務の女性にしっかり販売してしまった。

 一方で同僚たちには激烈に厳しい。売り上げゼロなのにカフェでさぼってばかりの白洲(イモトアヤコ)を三軒家はガムテープでぐるぐる巻きにして「アポをとれ」厳命。広告看板を被せて街角でサンドイッチマンもさせる。パワハラ!?とびっくりした課長の屋代(中村トオル)が「指導マニュアル」を渡しても、三軒家は即座にゴミ箱にポイだ。とかく悩みがちなまじめ社員庭野(工藤阿須賀)にも「家売って謝るとはなんだ」「本契約まで気を抜くな」「二枚目気取ってんじゃねえ」などと容赦ない。三軒家の大きな目でにらまれて、「GO!」と言われて逆らえる社員は誰もいないのである。

 三軒家が物件を品定めするため、目玉を動かすたびにカチカチとカスタネットが鳴ったり、「GO!」と言うたびに風が吹いたりするのには毎回笑ってしまうが、よく見れば三軒家の言動はとても正当なのだ。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 13:23

NEWS ポストセブン