ここから本文です

すぐチクる=告げ口するわが子。その深層心理と対処法

R25 8/31(水) 7:00配信

すぐチクる=告げ口するわが子。その深層心理と対処法

写真:R25 すぐチクる=告げ口するわが子。その深層心理と対処法 より

わが子が、誰かに何かされるたびに告げ口してくる。お友達のやっていることをいちいち告げ口してくる。そんなこと、よくありませんか? 子どもが告げ口する深層心理とは? また、そんなときどう対処したらいいのかを、子育て本作家の立石美津子さんに伺いました。

「“○○くんが僕のこと叩いた~”と、泣いてママに訴えてきたわが子。それをすぐ真に受けて“○○くんがウチの子にひどいことをしたんだ”などと思ってはいけません。お子さんは、ただただ悲しくて、慰めてほしくて、ママのところにきたのです。ですから、こんなときは、“よしよし、悲しいね”と、悲しい気持ちを受け止めて抱きしめてあげましょう。現場を見ていない限りは事の真相はわかりません。わが子が先に手をだしたことが原因かもしれませんし、一方的に相手を非難しないようにしてくださいね」(立石さん 以下同)

また、子どもは他人の行いをママに告げ口してくることも。

「“○○ちゃんがお友達を叩いて、先生に怒られた”などと、告げ口してくるケースです。実は、子どもの深層心理のなかに“私は悪いことしてないよ。だからいい子でしょ?”と、ママに認めてもらいたい気持ちがあるだけなんです。子どもが学校の担任の先生に“○○くんが授業中に落書きしてました~”などと、友達のことを告げ口するケースも同じです。つまり、どちらもお手柄をみせて自分をアピールしたい、気を引きたい、かまってほしい気持ちの表れなのです」

では、こういうときの対処法とは?

「自分をアピールしたい、気を引きたいがために他人の粗さがしをしているだけ。決して悪いことではないのです。ですから、“お友達のことを告げ口なんかしてはダメ!”と、どうか叱らないでください。“あら、そうなのね”と、あえて軽く受け止めましょう」

また、安易に同調してしまうことも、ますますエスカレートさせてしまううえに、次のような弊害も…。

「“そうなの。○○ちゃん悪い子ね。真似しちゃダメよ”とか、“○○くんのように○○しないようにね”というふうに同調してしまうと、また手柄をあげようと告げ口がエスカレートするだけでなく、人を見た目や態度で見下すようになってしまいます。他の子の良くない態度を告げ口してきたときは、サラリとかわしましょう。人は人です。お友達がどうであれ、わが子がそのときやらなければならないこと、正しいことを教えていくだけでいいのです」

子どもの言動の深層心理を汲み取り、親が子どもに翻弄されないようにしっかり導いてあげたいものですね。
(構成・文/横田裕美子)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/31(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。