ここから本文です

ネットで購入OK「多動症」の子ども用サポートグッズ

東京ウォーカー 8/31(水) 7:00配信

「多動症」とは「注意欠陥多動性障害(ADHD)という発達障害の一つ。一口に多動症といっても症状はさまざまだが、それぞれの特徴に合わせたサポートグッズが日本や海外に多数ある。例えば、よく見られる特徴である「落ち着きがなくじっとしていられない」というとき、ひざや肩に乗せるだけで気持ちを安定させてくれるテントウムシや蛇のアイテムは、海外製だがネットで購入OK。それぞれの個性や特徴に合わせて探してみて。

【写真を見る】じっと座っていられない子のためのクッション。パシフィックサプライの「ハートリーフクッション」

●UEP SHOPの「ラップウェイト 2kg」:落ち着かない気分のときなどに、ひざの上に乗せるだけで、適度な重さが体と心を安定させてくれる。テントウムシ柄の上に装着できる青いカバーもついている。直径50cm 約2.2kg ¥18,000/UEPSHOP

●パシフィックサプライの「ハートリーフクッション」:作業療法士が開発した、じっと座っていられない子のためのクッション。自発的に姿勢を保持し、調整しやすい座面形状。縦35.5×横35.5×厚さ2.3cm 347g ¥9,500/パシフィックサプライ

●i WANTの「ショルダーウェイト セシル」 肩に掛けることで集中力が増し、アロマの香りでリラクセーション効果も。電子レンジで温めたり、冷蔵庫で冷やしても使える。長さ 68.6×幅10.2cm 1.1kg ¥ 11,000/ i WANT

※すべての方に効果を約束するものではありません。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/31(水) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。