ここから本文です

アンジュルム、JDアイドルに格の違いを見せつけた!?

Smartザテレビジョン 8/31(水) 7:00配信

日本一の女子大生コピーアイドルグループ(=ユニドル)を決定する「UNIDOL 2016 Summer」が新木場のライブハウス「新木場Studio Coast」で開催された。

【写真を見る】司会はアップアップガールズ(仮)の仙石みなみ。まさかのハロープロエッグ(現ハロプロ研修生)同期・和田との2ショットにファンも感激!?

全国で行われた予選を勝ち抜いた13チーム(予選参加は全59チーム)と、敗者復活戦を通過した2チーム、スペシャル枠獲得チームの計16チームが、コピーアイドル日本一の座を争って白熱のパフォーマンスを展開した。さらに、イベント終盤には先日、解散を発表した℃-uteやモーニング娘。'16も在籍するハロープロジェクト所属の9人組のアイドルユニット・アンジュルムがシークレットゲストとして登場。圧巻のパフォーマンスを披露した。

アンジュルムはステージで彼女たちのライブには欠かせない、盛り上がり系の楽曲である「次々続々」「ドンデンガエシ」「臥薪嘗胆」「大器晩成」「有頂天LOVE」の5曲を熱唱。激しいダンスと歌で、女子大生のユニドルには負けない“プロの意地”を見せつけ、会場に詰めかけたユニドルファンの視線を釘付けに!

パフォーマンス後に行われた表彰式にはアンジュルムのメンバーも参加(9時を過ぎていたため、相川茉穂、佐々木莉佳子、上國料萌衣、笠原桃奈は不参加)。リーダーの和田彩花は「自分たちでプロモーションの映像を撮ったり、衣装を考えているのがスゴい! 自分たちのステージ上の真剣さやキラキラしたカッコよさに刺激を受けました!」とユニドルたちを絶賛するシーンも。また、今回参加したグループの多くがアンジュルムをはじめとするハロープロジェクトの楽曲を使用してのパフォーマンスされていたことにも触れ、笑顔いっぱいで喜びを表現した。

第7回目を迎える今大会は明治大学「Copia」が優勝し、メンバーの一人は「頑張ってきた時間も労力も無駄ではなかったです!」と涙。このコメントに、アンジュルムのメンバーも笑顔で彼女たちに盛大な拍手を送りイベントは終演を迎えた。

最終更新:8/31(水) 9:35

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。