ここから本文です

AKB48が妄想恋トーク!さしこ、まゆゆ、ゆきりんらが理想の結婚式を告白!?

Smartザテレビジョン 8/31(水) 20:05配信

8月31日(水)にリリースされるAKB48の45thシングルは「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」の両A面。45枚目にしてグループ初の両A面となった2曲は、どちらも“告白”がテーマで、6月に開票された「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の上位16名が歌い上げる。センターの指原莉乃をはじめ、渡辺麻友、柏木由紀、横山由依、向井地美音の5人に、新選抜メンバーの雰囲気や、MVの撮影エピソードなどについて直撃した。

【写真を見る】「しあわせを分けなさい」のPVは本当の結婚式さながらの流れで行われ、渡辺麻友&柏木由紀は披露宴の料理に夢中だったそう!

――新選抜の16人でMV撮影などを行った感想をお聞かせください。

指原莉乃:すごく個人的な話になるんですけど、HKT48から兒玉(遥)が入ったのはすごくうれしいですね。今まで選抜メンバーの16人の中には、HKT48からは指原と宮脇(咲良)ということが多かったので。児玉自身、一歩踏み出せた感じがあるようで、最近は今まで以上に充実しているようです。

柏木由紀:私もNGT48と兼任していますけど、AKB48としては、初選抜のみーおん(向井地)、岡田奈々ちゃん、高橋朱里と一緒に活動できるのがうれしいですね。

渡辺麻友:去年とは違った新しい風が吹いているなって。努力してきた子たちが報われる結果になったことがすごくうれしいですね。

向井地美音:私は今回初めて総選挙で選抜に入れていただきました。今までもシングルで何度か選抜入りしたことはありましたけど“ファンの方に選んでいただけた”ということで、この曲からは堂々といられる気がしています。

横山由依:選挙前は、卒業生が増えてきた中でどういう顔ぶれがそろうんだろうと…思っていました。2016年、AKB48にとっての“第2章”にふさわしいメンバーをファンの方が選んでくださったと考えています。

――各メンバーが、それぞれ一般の方の“告白の場”に密着した映像が「LOVE TRIP」のMVになっていますね。実際に告白を目の当たりにしたお気持ちは?

指原:私は大学、高校に通う学生さんの告白現場に行ってきました。この企画の内容を知った時、最初は「成立するの?」って思ったんです。私はもともとアイドルが好きなので、歌って踊ってリップしてっていうMVがめちゃくちゃ好きなんですよ。だから企画めいたものは「どうなんだろう!?」って。でも、実際に目の前で真剣に告白している姿を見ると、本当に感動して、いや~泣いちゃいました。「私って、人の感動で泣けるタイプ!?」って気づけて良かったです。

柏木:私はまゆゆ(渡辺)と同じ現場に行きました。すでに結婚されていて、お子さんが5人いるご夫婦でした。「改めてちゃんとプロポーズしたい」というダンナさんの思いを見届けたんですけど、奥さんが泣いていて、すごく感動しました。

渡辺:お子さんも泣いてたよね。あれは良かったなぁ。

向井地:私は(山本)彩さんと一緒に行かせていただいたんですけど、大学生の女性が、既に付き合っている歳下の彼氏に告白したんです。彼女のほうが先に卒業しちゃうので『卒業してもずっと一緒にいてね』っていう形で。それで、最後に私たちの目の前でチューしたんですよ! わーっ!ってなりましたねぇ。照れちゃいました(笑)。

横山:私は須田(亜香里)さんと朱里と一緒に、ダンスサークルに所属しているカップルに密着しました。私たち以外は誰も知らないというサプライズで、ひとりの男子が女の子に告白もあって、すごいキュンキュンしました。告白した方はもちろん緊張したと思うんですけど、それを周りで見ていた私たちも緊張したし、他人事とはいえ成功したらうれしい!ってなるんやなぁって。幸せな気持ちになりました。

向井地:ライブシーンの最後に高校生が告白する場面があるんですけど、私より年下の子だったんですよ。勇気を出して告白するっていうだけで胸に熱くくるものがあって。こんなに「成功して!」って祈ったのは初めてですね。

指原:あの高校生の告白は、失敗したらやばかったよね。あれだけ人が集まってるのに「すいません!」って

柏木:確かに(笑)

――「しあわせを分けなさい」のPVは、料理から余興まで、本物の結婚式さながらの流れで撮影されたそうですね?

渡辺:私、結婚式に参列したのが初めてだったんです。そんな中、披露宴で出てきたご飯がめっちゃおいしかった!

指原:何が一番おいしかった?

渡邉・柏木:バター!

指原:やっぱり…私、それについて文句があるんだけど。私は何回も着替えがあったから、スタッフさんが控室にご飯を持ってきてくださったんだけど、パンと一緒に運ばれてきたのが“食べ掛けのバター”で…。「みんなに食べられてこれしか残ってない」って言われた

柏木・渡辺:えーっ!(笑)

横山:お二人のテーブル、明らかにバターをお代わりし過ぎでしたよ(笑)

渡辺:たしかに。ウェイターさんに「バターのおかわりください」って言ったら、「えっ? パンじゃなくて?」って顔してた(笑)

柏木:ははは。私もまゆゆと同じで、式に参加するのが今回初めてだったけど、私の時は超派手にやりたい! 記憶に残るものにしたいから海外とかで、いっぱい友達を呼んで!

渡辺:私は逆に、しっぽりと。親族だけのでいいよ

横山:“しっぽり”って、飲み屋ですか?(笑)

柏木:え~、私は招待してよー!

指原:私も親族だけがいいな。だって、どこまで呼べばいいのか分からないでしょ?

柏木:まゆゆとさっしーは、何となく私までは招待してくれなきゃダメでしょ(笑)

指原:でもさ、撮影の時に思ったけど、みんなに祝ってもらうのって、意外と恥ずかしいし、何か申し訳ないって思うよ

渡辺:それそれ! 自分のために集まってもらって、長い時間拘束しちゃって…ってね

指原:ゆきりんは何人ぐらい呼ぶつもり?

柏木:とにかくたくさん! だから結婚式のために友達を増やしておかないと。現状だと…しっぽりになっちゃいそうだから(笑)

最終更新:8/31(水) 20:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革