ここから本文です

柴田阿弥がSKE48卒業公演「次のステージにワクワク」

Smartザテレビジョン 8/31(水) 23:23配信

8月31日、SKE48劇場(名古屋)にて柴田阿弥の“卒業公演”となるチームE「手をつなぎながら」公演が行われた。

【写真を見る】へそ出しの衣装で踊る柴田阿弥。卒業公演でも、最後まで全力のパフォーマンスだった

8月26日に、Zepp Nagoyaにて“卒業感謝祭”を行い、この日がSKE48としての活動最終日を迎えた柴田。 開演前の“影アナ”(※場内アナウンス)では「きょう私は、泣くでしょうか? 泣かないでしょうか?」と明るく観客に問いかけたが、SKE48人生の集大成を最後まで涙なしで全うしている。

そのラストステージでは、自身初のセンター曲「あうんのキス」を同期の4期メンバー(犬塚あさな、内舞、都築佳、由奈、木本花音、酒井萌衣)と一緒に歌い上げたほか、ユニット曲「この胸のバーコード」、卒業ソング「サヨナラが美しくて」などを披露。

アンコールでは同期の酒井が手紙を読み上げた後、柴田が卒業にあたっての思いをファンに向けて語りかけた。そして「この曲名のとおり、どこにいても気持ちはひとつだと思います」(柴田)として、全員で「遠くにいても」を歌って、卒業公演は幕を閉じた。

なお、柴田はSKE48を卒業後、ソロタレントとして活動していく。

■柴田阿弥コメント

私にとって、SKE48はこの6年間の全てでした。芸能界の入り口はSKE48だったし、とても大切に思っています。アイドルになるまでは何にも心が動かなくてサイボーグみたいだった私に、挫折、感動、喜び、うれしい気持ち、悔しい気持ちを教えてくれたのはSKE48でした。

私はSKE48に入るまで、「人生は個人戦」だと思っていました。でも、それは私の間違いでした。

SKE48に入っていろんな人と出会って…私、本当に協調性がなくて、いろんな人に迷惑をかけたし、メンバーと打ち解けるのも時間がかかったんですけど、この6年で私にも本当に心を許せる、大切な仲間ができました。

この6年間で一番学んだことは「人の温かさ」です。どんなときも支えてくれるファンの方の温かさに触れて、本当に「人間っていいな」と思いました。

きょう私はSKE48を卒業します。卒業発表前は「不安になるかな?」と思っていたんですけど、次のステージで新しいことができるワクワクが、自分の中で日に日に募るのをこの2カ月間感じていました。

私は必ず夢をかなえます。私の夢はファンの方の夢でもあると思っています。だから、私が勝手に諦めるわけにはいかない、という責任感でいっぱいです。

どんなときも負けないし諦めないし絶対に夢をかなえるので、ステージは変わるけど、これからも私について来てくれるとうれしいです。

SKE48に入って、知らなかったことをたくさん学ぶことができました。私は皆さんに「諦めなければ最後に必ず笑える」ということを教わりました。だから、これからは私がそれを伝えていきたいと思います。

きょうは本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

最終更新:9/5(月) 0:18

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。