ここから本文です

CSR担当者が教育支援を行う前に知っておきたい5つのポイント

オルタナ 8/31(水) 14:37配信

教育コンサルティング会社キャリアリンク(大阪市中央区)は8月26日、教育CSRのメソッドをまとめたサイトをオープンした。同サイトでは、教育支援を行う7つの基本ステップ、企業価値を向上するための企画設計、学校教育に導入されやすい内容などを無料で公開している。なかでも、CSR担当者なら知っておきたい5つの基本情報は必見だ。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同社がオープンしたサイトの名称は、「教育CSRメソッド」。同サイトでは、教育CSRのトレンドから自社に合った教育プログラムのつくり方などを掲載している。同社は、教育コンサルタントとして、企業の教育プログラムの開発、学校への普及活動を15年以上続けてきた。

CSR担当者が知っておきたい5つの基本情報についても触れている。その5つとは、「学校の組織を知る」「学校の種類を知る」「教員について知る」「授業について知る」「企業に求められている教育支援について知る」である。

教育プログラムを組んでも、学校のカリキュラムが埋まっていては、授業で導入することは難しい。そのため、まずは学校の種類や年間スケジュールなどを把握しておくことが必要だ。同サイトでは、この5つの項目について詳細に説明がされている。

2020年には、大学入試が変わり、教育現場では企業や地域と連携したアクティブラーニングが求められている。次世代育成となる教育CSRの重要度は上がっている。

最終更新:8/31(水) 14:37

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。