ここから本文です

宇宙飛行士が大切にしている、「決める」ということ――若田光一の仕事術

Book Bang 8/31(水) 8:00配信

「宇宙」は古今東西、多くの人の胸をときめかせるワードではないだろうか。「宇宙飛行士」は、そこを目指し日々訓練し、宇宙に飛び立った後は、月や火星など宇宙空間で働くこともある。“一般的”なビジネスパーソンには、特殊で、普通とはかけ離れた職業だと思われるかもしれない。

しかし、現役宇宙飛行士であり、日本人初のISS(国際宇宙ステーション)コマンダー(司令官)を務めた若田光一さんの著書『一瞬で判断する力』には、どこの会社のどの管理職でも抱えるような問題に直面し、上司や現場との板挟みになりながら、組織の一員として仕事を進めている様子が書かれている。

***

■人生は「決める」ことの連続

私たちは、仕事でもプライベートでも、日々小さな決断を積み重ね、「今」を生きている。だからこそ、「決める」という行為をないがしろにすることなく、今まで積み重ねてきた経験や知識を参考にしながら、よりよい判断をしていかなくてはならない。

しかし、忙しい日々のなかでは、1つのことのみに専念することは難しく、常に様々なことを並行させながら判断する必要がある。実際、若田さんもJAXA宇宙飛行士グループ長を担当していたとき、宇宙飛行士チームのとりまとめ、組織の橋渡し役、予定外の出来事などに追われながら、判断し、解決していく必要に迫られていたという。

そこで、常に意識していたのが、仕事に「優先順位(プライオリティ)」をつけること。「組織としてのミッション達成に対する重要度」、また「その作業に要求されている緊急度」という2点を常に把握し、仕分けることだという。

一方で、「今、それに手をつけると、今チームが最も労力を傾けなければならないことが疎かになるかもしれない」と思って迷うことがあれば、「今はそれを手放す」。つまり「迷ったらしない」という選択肢を持つことも決めることも大切だと、若田さんは述べている。

「できない」と感じたときは、物理的にも精神的にも余裕がないということ。余裕がないときに無理をすれば、自分やチームの首を絞めることにもなりかねない。時には、自分にも他人にも、きっぱり“NO”の判断を行なえることも、仕事を進めるうえで大事な能力の1つなのだ。

1/3ページ

最終更新:8/31(水) 14:23

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。