ここから本文です

鈴木亜美、“幸せ奥様”枠で出演に「ミスキャスト!」の声 松本人志&岡村隆史の批判に賛同の声が殺到

おたぽる 8/31(水) 9:00配信

 25日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、歌手の鈴木亜美が出演したのだが、“幸せ奥様”枠での出演ということで、「ミスキャストでしょ!」「まったく幸せそうには見えない」などと、視聴者からは否定的なコメントが殺到する事態となってしまった。

鈴木亜美、結婚報告に「まだファンサイトあったんだ!」と驚きの声 「自撮りがホラー」の指摘も

 この日の番組テーマは、『女だらけ祭! 幸せ奥様VSこじらせ独身女』ということで、“幸せ奥様”枠には、鈴木の他に、花田景子、高田万由子、西山茉希、谷澤恵里香がキャスティングされていたのだが、「全体的にキャスティングが微妙」「少なくとも、鈴木と西山はキャスティングミスだろ」などと、キャスティングに首を傾げる視聴者が続出。

「鈴木が先月3日、7歳年下の一般人男性とのデキ婚を発表した際には、『7歳下の男とデキ婚て、計略的に思える』と懐疑的な目を向けられていましたから、このキャスティングには業界内でも疑問を呈している人は多いですね。また、かつてのアイドル然としたルックスが微塵も残っていない劣化ぶりがより一層、『幸せそうには見えない』感じを際立たせていたようで、本人としては、ママタレ転身へのイメージ戦略として幸せアピールをするつもりだったのでしょうが、『もうママタレ枠は空いてないよ』『このまま引退した方が良いのでは?』などといった辛辣な意見が寄せられ、ママタレ転身は前途多難といったところです」(芸能関係者)

 番組では、夫との馴れ初めについて、旅行先のシンガポールのホテルのバーで1人で飲んでいる時にナンパされたことを告白。鈴木としては、幸せアピールのつもりだったようだが、MCを務めるダウンタウンの松本人志の「とんだ尻軽女ですよ」というツッコミが、世間の声を代弁する形となってしまっていた。

「鈴木は、最初、ナンパということで、彼を避けていたということですが、『話をしたらすごく紳士的でいい人で』とノロケ、帰国する際に『このまま会えなくなるのは寂しいから付き合って下さい』と告白したことを明かしたのですが、松本の『紳士的な人ってナンパするわけ?』『とんだ尻軽女ですよ』などといったツッコミに共感する視聴者が続出。また、先月7日深夜に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、『旅行先で、出会う? ほんでなんか、「付き合って下さい」って言う? こんなことまぁないと思うで』『8割ぐらいウソちゃうかな』などと疑問を呈した岡村に賛同する声が殺到していました」(同)

 鈴木は現在34歳で、歌手としては落ち目続き、ということで、ネット上では「鈴木が逆ナンしたのでは?」という疑惑が募るばかりとなってしまっている。

最終更新:8/31(水) 9:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。