ここから本文です

痔を放っておくと生活に支障も!? こんな症状があったら、すぐに検査を!

OurAge 8/31(水) 16:37配信

じつは密かに悩んでいる人が多いと言われている「痔」。
「痔の種類や程度によって治療法はさまざまですが、食習慣、生活習慣の見直し、排便を整えることが基本となります」と、日本大腸肛門病学会指導医である医療法人社団桃仁 日本橋レディースクリニック院長の野澤真木子さん。

「投薬では外用薬のほか、便秘や下痢を合併する場合は整腸剤の内服も必要となります。また症状が改善しない場合は手術となりますが、なかには手術を希望しない人もいるため、その場合は薬を使用しながら経過観察することもあります。しかし、痔が原因で貧血になったり、日常生活に支障が出る場合、裂肛を繰り返して肛門が狭くなっている人、痔ろうの人の場合は手術が必要になります。痔核の場合は切らずに治すといわれる『注射療法』もありますが、この注射療法はどんなタイプの痔核にも効果が得られるわけではありません」

「恥ずかしい」「自分が痔とは認めたくない」なんて見ないふりをしていると、痔の症状が悪化してしまうことも考えられる。

・排便時に出血がある
・排便時に肛門の痛みがある
・肛門が腫れて痛みが伴う
・肛門から何かが出てくる
・肛門付近からうみが出る
・肛門周囲がかゆい
・便が細くなったり、排便回数が多くなる

上記のような症状が見られたら、すぐに肛門科か消化器外科で受診を。

最終更新:8/31(水) 16:37

OurAge