ここから本文です

守備者の本質を曖昧にしている「“攻撃的”をありがたがる」風潮

SOCCER DIGEST Web 8/31(水) 12:04配信

内田の攻撃参加は守りに重点を置いた「ディフェンダーの仕事」

「攻撃的」

 その形容詞は、日本サッカー界で“無双の力”を持つがごとくに用いられている。

 攻撃的なボランチ、攻撃的なSB、攻撃的なCB、果ては攻撃的なGK……。「攻撃的」という形容詞をつけるだけで、エクストラな魅力が高まって、一気に“お買い得感”が増す。

「スピーディーな攻め上がりが抜群に良い!」

 そんな言い回しで激賞されるのだ。

 当然のことだが、攻撃的と形容されるのは、ディフェンシブなポジションの選手である。オフェンシブなポジションの選手には使われない。守備的選手が攻撃的であったら、「完全無欠」ということになるのだろうか。

 しかしながら、実際はそんな都合の良い話はそうあるものではない。守備能力の足りない面を、攻撃的という部分で補っているケースがほとんどだろう。

 言い換えれば、守ることを仕事とする選手の本質を曖昧にしてしまっている。攻撃的であることが美徳として語られることで、本来の仕事ができない選手が生まれてしまっているのだ。

 これはほとんど、ホラー現象と言える。

 攻撃的――。

 その修飾句は、サッカーを危うくする表現と断じるべきだろう。

 そもそも、何をもって攻撃的とするのか。Jリーグでは、CBがボールをこねるだけで、「フィードが上手い」と語られる。始末が悪いことに、褒め称えられたCBは、ロングパスをどうにか打ち込もうと、さらにこね回す癖をつけ、結果的にプレースピードを落としてしまう。

 本当に攻撃的なCBとは、即決果断にパスを出し、その後の攻撃を促すものなのだが……。

 SBの批評も、攻撃的の部分がクローズアップされ過ぎている。

 例えば、内田篤人は攻撃的かもしれない。しかし、彼は闇雲に攻め上がってクロスを打ち込んだり、ドリブルで仕掛けたりしているわけではなく、機を見るのに敏で、その判断が抜きん出ている。

 攻撃で押し込むことによって、守りでも優勢に進められる。つまり、「ディフェンダーの仕事」をしているのだ。

 しかし、内田の「先手を取る」プレーだけに焦点を当てていては、物事を見誤ることになるだろう。

 内田は「後の先を取る」センスにも長けている。守りにおいての準備が万全で、常に予測によって相手よりも良いポジションを取り、敵の癖を読み取っており、そのインテリジェンスによって相手を翻弄している。

 攻撃的なSBなどという表現は、的外れなのである。

1/2ページ

最終更新:8/31(水) 12:04

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。