ここから本文です

ジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚原因になった映画が公開へ。

VOGUE JAPAN 8/31(水) 22:00配信

ジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚原因になったとされている映画『ロンドン・フィールズ』が今年公開されることになった。同作品内でのアンバーとビリー・ボブ・ソーントンの共演シーンにジョニーが嫉妬し、大喧嘩の末にあやまって指先を失ってしまったと言われており、2人の結婚生活崩壊の発端がそこにあったとみられている。

ジョニー・デップとアンバー・ハードの関連フォトギャラリー。

ジョニーからドメスティックバイオレンスを受けたと訴え、離婚協議を行っていたアンバーは2015年3月、オーストラリアの別荘で大喧嘩をした際にこの出来事は起きたとしている。

この大喧嘩の最中にジョニーは数本のボトルや窓を叩き割ったうえに固定電話を部屋の壁に叩きつけたとされており、アンバーはそのうちの1つでジョニーが指を損傷したと説明している。アンバーがビリーと浮気したのではないかと疑っていたジョニーは、負傷した指にペンキをつけ、壁に「ビリー・ボブ」「尻軽女アンバー」と書いたとされている一方で、アンバーはこの浮気疑惑を否定している。

ジョニーがわずか18分間出演する『ロンドン・フィールズ』では、ビリーが創作に行き詰まり、病で死期が迫る作家を演じており、アンバーはその恋人役を務めている。

同作品は昨年9月に公開予定だったのだがマシュー・カレン監督と編集チームの間で意見の相違があり、公開日が延期になっていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/31(水) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。