ここから本文です

9月22日、JICA横浜で国際平和映像祭2016

オルタナ 8/31(水) 15:11配信

9月22日、国際平和映像祭(UFPFF、主催:一般社団法人国際平和映像祭)がJICA横浜で開かれる。同映画祭は、毎年国連が定めたピースデー(9月21日)に合わせて横浜で開催している平和がテーマの映像の祭典。一般から5分以内の平和をテーマにした映像作品を募集し、当日は審査で選ばれたファイナリスト10組の作品を上映する。トークショーや音楽ライブもある。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同映像祭は、学生や若者たちが映像を通して、平和について考え、出会い、繋がって欲しいという思いから生まれた。今年で6年目を迎える。当日のトークショーでは、フォトジャーナリスト安田菜津紀さんとasobot代表の伊藤剛さんが登壇する。シンガーソングライターのJIINOによる音楽ライブも開かれる。

9月21日には、さくらWORKS<関内>で前夜祭も行われる。前夜祭では、映像クリエイター集団NOddINの作品上映トーク、UFPFF過去受賞作の上映トークショー、そして、映像祭にも出演するシンガー・ソングライターJIINOもライブを行う。


【国際平和映像祭(UFPFF)2016 開催概要】
とき:2016年9月22日(木)15:00―19:30 (開場 13:30) 懇親会19:30―21:00
ところ:JICA横浜 体育館 
参加費:学生無料、一般1000円(懇親会参加者:学生2000円、一般2500円)
※残りがあれば当日券も販売しますが、事前チケット購入をお願いします。
募集人数:200人
主催:一般社団法人 国際平和映像祭


【国際平和映像祭(UFPFF)2016 前夜祭開催概要】
とき:2016年9月21日(水) 19:00―22:00 ( 開場 18:30)
ところ:さくらWORKS<関内> 2Fイベントスペース
参加費:1,000円(ワンドリンク)
※カード決済ができない方は予約を承ります。

最終更新:8/31(水) 15:11

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

Yahoo!ニュースからのお知らせ