ここから本文です

親が倒れたら……デリケートなお金の問題について考える

エイ出版社 8/31(水) 17:10配信

のちのちトラブルの原因に

入院すると、すぐに必要になるのがお金だ。当面の入院費や介護費などのほか、親がひとり暮らしの場合は、住んでいた家の家賃や光熱費などの支払いもすぐにやってくる。「とりあえず」と、自分で建て替えてしまいがちだが、できれば、自分のお金と親のお金は分けて管理したい。一緒にしてしまうと、のちのちトラブルの原因になることがあるからだ。

銀行口座を確認する

本人以外がお金を引き出す場合は、通帳や印鑑に加え委任状も必要となる。親に意識があれば、通帳や印鑑の場所を聞き、委任状を書いてもらう。また、病状の変化によっては、本人と意思の疎通ができなくなることもありえる。そういった事態に備え、定期預金や貸金庫、ネットバンクの口座の有無などについてさりげなく聞いておくといいだろう。なお、意識がない場合は下図にあるような書類が必要になる。

預金者本人の申し出によって、ATMで代理人が出金できる『代理人キャッシュカード』が作れる銀行もあるので、事前の備えとして作っておくのもいいだろう。また、主な取引をする金融機関を決めておき、銀行の担当者をつけてもらえると、いざというときに相談がしやすくなる。

公共料金などの支払いを把握する

親が自分で家計を管理していた場合、『毎月、どんな支払いがあるか』を把握し、整理しよう。場合によっては、支払いがしやすいように名義を変える、入院中は不要と思われるものはいったん止める、解約するなどを検討、実施する。

成年後見人になると諸手続きが可能になる

認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護する制度として『成年後見制度』がある。これは、病気や高齢により判断能力が衰えて、不動産や預貯金などの財産管理や、介護などのサービスに関する契約を結んだりするのが困難な場合に、不十分な判断の能力を補い、本人が損害を受けないように支援する制度だ。法律の定めによる『法定後見制度』と、将来に備えたい人が契約で行う『任意後見制度』がある。

法定後見人は、本人の代わりに本人の預貯金を引き出したり、介護サービスを受けるための契約ができるようになるなど、さまざまな手続きを行えるようになる。多くの場合、申し立てから成年後見の開始まで3~4ヶ月かかる。親に意識がない場合は、成年後見制度などの申し立てを早めにやっておくのも手だ。

1/2ページ

最終更新:8/31(水) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。