ここから本文です

清武同僚のセビージャ10番、シャルケへの移籍が決定。買取OP付きのレンタルで

フットボールチャンネル 8/31(水) 6:06配信

 シャルケが30日、セビージャからウクライナ代表MFイェフヘン・コノプリャンカを獲得したことを発表した。1年間の期限付き移籍となり、買い取りオプション付きとなっている。

【写真】美女サポーターが国旗をヒラリ…EUROを彩った欧州美女特集

 コノプリャンカは昨年夏にウクライナ1部のドニプロ・ドニプロペトロウシクからセビージャに加入。リーグ戦32試合出場で4得点7アシストを記録している。ヨーロッパリーグ(EL)では6試合に出場し史上初の3連覇を経験した。

 今季はエースナンバーの背番号10を与えられている。UEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦でゴールを決める活躍も見せていた。ただ、今夏の移籍市場で日本代表MF清武弘嗣、ガンソ、フランコ・バスケスなど中盤の選手が加入したことで出番を失っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 6:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。