ここから本文です

「年老いた高速道路」を救うために必要な3つのこと

WIRED.jp 8/31(水) 8:10配信

アメリカの州間高速道路システムよ、誕生日おめでとう! 60歳にしては素敵な見かけだね、と言いたいところだけれど、実際はそうではないね。もちろん、成長はしている。1956年にアイゼンハウワー大統領が君を公式に許可したとき、君はわずかなアスファルトでしかなかった。それがいまではどうだろう! 実に47662マイルの道路に、橋やランプが張り巡らされ、アメリカの戦後の拡張とその特別さを体現している。
でも友よ、君は問題を抱えている。2030年までに君は年間860億ドルの資金不足になる、と運輸省は予測しているのだから。しかもそれは、君のくたびれた道路や橋を機能するように保つためだけの分だ。実際にそれらをよりよくしようとすると、多ければ年間で1500億ドルかかる可能性もある。

「EVが走ると充電される高速道路」:テストへ

一方で、君はほとんどの資金を連邦ガソリン税で得ており、そのしくみは1993年以来更新されていない。そのほかから得られる資金は一定のものではない。そして、この国は成長している。たとえ君が昼寝でもして一休みしたいと思っても、たくさんの人々が君により多くのものを望んでいる。

ということで、君がまた元気な姿に戻るための3つのステップを考えてみる。

1. メンテナンスに注力せよ

2011年、輸送機関エコノミストのマシュー・カーンとデイヴィッド・レヴィンソンは、ある急進的な考えを打ち出した。もし国が新しい高速道路をつくることにフォーカスするのをやめて、すでにあるものを修繕すればどうだろう?というものだ。

長い目で見れば、これはかなりの額の節約になる。ガソリン税として国が得るお金の1ドルが道路のメンテナンスに費やされるたびに、政府は将来の修復のために4~10ドル節約できることになるのである。

残念ながら、メンテナンスは魅力的ではない。輝く橋を新たに建てるためにお金を使ったほうが、修復用のアスファルトにお金を費やすよりも気分がいいものだ。それに政府関係者たちは素敵なテープカットの式典が大好きなので、小さな修繕のためにお金を優先的に使うのは、政治的にも厄介なのだ。しかし、そうすることは賢く現実的なことである。

いい知らせは、ほとんどの地域(特に都会には)新しい高速道路は必要ないということだ。君を大きくすることは、たいていの場合渋滞の改善にならない(日本語版記事)。国は、君に新しい塗装を施し、きちんと機能するようにすればいいのである。

1/3ページ

最終更新:8/31(水) 8:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。