ここから本文です

酒井高、左SBで先発か。UAEで警戒すべき選手は「特に10番」

フットボールチャンネル 8/31(水) 6:40配信

 日本代表は30日、来月初旬のロシアW杯予選に向け、合宿3日目の練習を行った。

 両SBでプレーでき、出場の期待が高まる酒井高徳だが「試合当日までメンバーはわからない。どういう形になるとしても、自分の試合当日のパフォーマンスをしっかり出せるようなコンディション作りをしていきたい」と万全の準備をするつもりだ。

 大事な初戦の相手はUAE。アジアカップでは準々決勝で敗れた相手だ。酒井高は中東の雄についてこう話す。

「クオリティはすごくあるチームだと昔から思っている。言ってほしいのかなと思いますけど、10番とかね(笑)」と記者陣へのリップサービスも欠かさない。さらにこう続ける。

「やっぱり上手い。ただ、やっぱりアジアカップの時も上手かったのは上手かったけど、自分たちが支配している時間も多かった。しっかり攻守の切り替えをやっていればボールの出しどころも防げていたと思う。その辺をしっかりとボールホルダーのところに1人行くっていうところは徹底してやれればいいかなと思いますね」

 そして、オマール・アブドゥラフマンを名指しするように「特に10番は」と付け加えた。

 長友佑都が離脱したため、左SBの争いも激しくなった。酒井高は左で出てもクオリティーを発揮できるだけの力がある。彼の言うUAEの「10番」を警戒しつつ、相手の攻撃をしっかり食い止めたいところだ。

(取材:元川悦子)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 6:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。