ここから本文です

清武に強力なライバルが登場! ナスリのセビージャへの期限付き移籍が合意

Football ZONE web 8/31(水) 9:09配信

完全移籍オプションは付かず、給与の65%を負担

 マンチェスター・シティの元フランス代表MFサミル・ナスリが、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャへ期限付き移籍することで合意に達した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 スペインに精通する同局のギジェム・バラゲ記者によれば、完全移籍のオプションは付かず、給与の65%をセビージャ側が負担する形になるという。

 ナスリはペップことジョゼップ・グアルディオラ新体制の始動時に体重オーバーが発覚。規律に厳しい指揮官によってチーム練習から外され、食事制限による減量を要求されていた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)登録メンバーからも漏れており、今夏の放出候補と見られていた。

 しかし、28日に行われたリーグ第3節ウェストハム戦で今季初めてメンバー入りを果たすと、後半30分にスペイン代表FWノリートに代わって途中出場。キレのある動きで復調をアピールした。ペップからも「クオリティーは別次元」と能力の高さを絶賛されたばかりだった。

 フランス代表40キャップを誇るナスリだが、新天地では清武やイタリア代表MFフランコ・バスケス、スペイン代表MFビトーロらとのポジション争いが待っている。UEFAヨーロッパリーグ3連覇中で、今季はUEFAチャンピオンズリーグでの飛躍を狙うセビージャで輝きを放つことはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 9:09

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。