ここから本文です

高校生の大学選びの傾向は?大学のエリア別“進学ブランド力”ランキング

@DIME 8/31(水) 11:30配信

リクルートマーケティングパートナーズが運営する「リクルート進学総研」では、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、2008年より進学ブランド力調査を実施している、このほど2016年の調査結果「進学ブランド力調査2016」がまとまった。

■関東・東海・関西エリアの『志願したい大学』ランキング

関東エリアでは8年連続で「明治大学」、関西エリアでは9年連続「関西大学」、東海エリアでは「名古屋大学」が3年ぶりに1位になった。

【全体】
関東エリア 明治大学(昨年1位)
東海エリア 名古屋大学(昨年2位)
関西エリア 関西大学(昨年1位)

男女別や文理別で特徴的な点を見ると、まず関東エリアで、「早稲田大学」が女子1位になった。これは2008年の調査開始以来初のことである。一方、東海エリアでは、男子で「名古屋大学」が4年ぶりに1位、女子で「愛知県立大学」が2008年の調査開始以来初めて1位になった。そして関西エリアでは、男子で「関西大学」が2年ぶりに1位になった。

【男女・文理別】
男子1位
関東エリア 明治大学(昨年1位)
東海エリア 名古屋大学(昨年2位)
関西エリア 関西大学(昨年2位)

女子1位
関東エリア 早稲田大学(昨年4位)
東海エリア 愛知県立大学(昨年2位)
関西エリア 関西大学(昨年1位)

文系1位
関東エリア 明治大学(昨年2位)
東海エリア 南山大学(昨年1位)
関西エリア 関西大学(昨年1位)

理系1位
関東エリア 明治大学(昨年1位)
東海エリア 名古屋大学(昨年1位)
関西エリア 神戸大学(昨年1位)

■関東・東海・関西エリアの『知っている大学』ランキング

関東エリアでは「早稲田大学」、東海エリアでは「名古屋大学」が昨年に続いて1位になったが、関西エリアでは、「近畿大学」が4年ぶりに1位になった。

【全体1位】
関東エリア 早稲田大学(昨年1位)
東海エリア 名古屋大学(昨年1位)
関西エリア 近畿大学(昨年3位)

■関東・東海・関西エリアの『大学のイメージ』ランキング

調査によって次のイメージによるランキングも明らかになった。

【「国際的なセンスが身につく」1位】
関東エリア 上智大学(昨年2位)
東海エリア 南山大学(昨年2位)
関西エリア 関西外国語大学(昨年1位)

【「学校が発展していく可能性がある」1位】
関東エリア 東京大学(昨年1位)
東海エリア 東京大学(昨年2位)、名古屋大学(昨年1位)
関西エリア 京都大学(昨年2位)

【「おしゃれな」1位】
関東エリア 青山学院大学(昨年1位)
東海エリア 青山学院大学(昨年1位)
関西エリア 慶應義塾大学(昨年1位)

■東海・関西エリアは私立志向が高まる

2015年からの変化で見ると、東海エリアと関西エリアでは、国公立志向が減少し、私立志向が増加。特に関西は、昨年は国公立志向のほうが高かったが、2016年には逆転している。

読者の皆さんが受験生の頃と比較して、何か違いがあるだろうか?おそらく何かしら変化があるはずである。大学のブランド力というものは、それだけ変わりやすいといえる。身近に高校生がいる場合、受験のことでアドバイスを求められることがあったら、今回の結果を元にアドバイスしてみるのもいいだろう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/31(水) 22:13

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

Yahoo!ニュースからのお知らせ