ここから本文です

2度の日本一に貢献、千葉ロッテ・サブローが引退発表!「幸せな野球人生でした」

ベースボールチャンネル 8/31(水) 17:34配信

2度の日本一に貢献

 千葉ロッテマリーンズは31日、サブロー(本名:大村三郎)が今季限りで引退すると発表した。

 PL学園高から1994年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに1位で入団。プロ22年の通算成績は1781試合に出場し、1362安打、127本塁打、655打点、78盗塁で通算打率.265。2005年、2010年の日本一に大きく貢献。つなぎの4番として、無類の勝負強さを発揮した。
 2011年のシーズン途中で巨人にトレード移籍するも、翌年に再び千葉ロッテに復帰。ここ数年は、出場機会が減り、今季は一度も一軍出場はなかった。

 サブローのコメントは以下のとおり。

「今季限りでの現役を引退することを決めました。千葉ロッテマリーンズで05年に31年ぶりの日本一など、日本一を2度経験することも出来ました。幸せな野球人生でした。それはすべて、どんな時も応援してくれたファンの皆様、そして関係者を始め、色々な形でサポートしてくれた方々のおかげだと思っています。感謝をしています。22年間、本当にありがとうございました」

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/31(水) 17:45

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。