ここから本文です

原口に求められる「仕留める動き」。代表で自身の課題克服なるか

フットボールチャンネル 8/31(水) 6:50配信

 日本代表は30日、来月初旬のロシアW杯予選に向け、合宿3日目の練習を行った。

 ヘルタ・ベルリン所属の原口元気が、この日から合流している。W杯最終予選は未経験だが「僕はヘルタや3次予選とかの経験しかないけど、色々な試合をやってきた。上手くいくこともいかないこともたくさん起きた。粘り強くやるメンタルはできている」と、踏んできた経験に自信を覗かせる。

 さらに「戦術的にどう修正するかは1人では難しいけど、メンタル的な部分での準備はできていると思うので、そういうのは最終予選にすごく大事になってくるんじゃないか」と続けた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ハリルジャパンではボランチなど様々なポジションを経験している原口だが、本職といえるのはやはり左サイドのアタッカー。所属クラブでもその位置でプレーしているためすんなり入れると思われるが、原口の見解はこうだ。

「(代表での役割は)クラブとはまた違う。よりダイレクトにゴールに近いというか、ゴールに向かってくようなプレーが求められる。チャンスメイクというよりは仕留めるような動きが必要になってくる。僕の今の課題でもあるし、そういうのは本番で出せたら一番自信にもなる。でも今年はよりゴールを意識してプレーしているので、そういう意識というのを出していけたらゴールに近づくんじゃないかと思う」

 得点をより意識する原口は、UAE戦で勝利を手繰り寄せるようなプレーを見せてくれるだろうか。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 6:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革