ここから本文です

有吉弘行の母 夏目三久について語る「あの子にはどうかと…」

女性自身 8/31(水) 6:01配信

「たとえば『怒り新党』でも夏目の過去のスキャンダルについて触れたが、直後に『これ以上言ってくる奴はダサい』と擁護。人気低迷が続くどん底時代を経てきた彼だけに、同じく不遇の時代を味わった彼女を守る“男気”を見せています。そんな一面を見せられると、女性もすっかり好きになってしまうみたいです」(芸能関係者)

 8月24日に日刊スポーツが伝えた有吉弘行(42)と夏目三久アナ(32)の熱愛・妊娠報道。夏目は妊娠しており、「年内結婚へ」とまで報じている。だが双方の所属事務所は「事実無根」としてこの記事を完全否定。有吉自身も自身のTwitterで《これを狐につままれたような気分というのか……》とつぶやいていた。

 そこで、本誌は広島県にある有吉の実家を訪れた。母・きみさん(73)は、「年内結婚」の記事を見つめながら「私は、信用できないです。だって弘行からは、何の連絡もありませんから」と報道に懐疑的だった。

さらに本誌は、きみさんに有吉と夏目の今後について聞いてみた。すると、返ってきた答えは意外なものだった。

「たしかにあの人はかわいいし、素直ないい方だと思います。でも弘行が気をつかわないといけないとなると、どうかなと思うんです……。夏目さんもきっと気さくでいい人なんだろうと思いますよ。でも簡単にいえば、あの子にはちょっともったいないかな。彼女は社長令嬢で育ちもいいでしょう。かたや弘行は普通の家庭で育って、お笑い界の端っこにいるような存在。だからなんだか恐れ多いと思うんです」

 それでも最後には「あの子が気に入った子なら最終的には誰でもいいし、いつ結婚してもいいと思います」と語ったきみさん。そんな息子の幸せを願ってやまない母が思い描く未来予想図。有吉がそれを実現させる日は、果たして来るのだろうか――。

最終更新:8/31(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。