ここから本文です

韓国代表エースがトットナム残留へ ヴォルフスブルクからの34億円オファーを一蹴!

Football ZONE web 8/31(水) 11:00配信

控えに甘んじるソン・フンミンだが指揮官の信頼を失わず

 トットナムが、韓国代表FWソン・フンミンに対するヴォルフスブルクからのオファーを拒絶したことが判明。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も24歳のストライカーをチームの戦力と見なしており、残留が決定的となっている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 トットナムで控えに甘んじるソンに対しては、ヴォルフスブルクが移籍金2560万ポンド(約34億円)で獲得を打診していた。しかし、ポチェッティーノ監督をはじめ、テクニカルスタッフまでがソンの残留を希望。売却はせず、新シーズンも貴重な戦力と見なしているという。

 リオデジャネイロ五輪に参戦した影響でチームへの合流が遅れ、さらにAZからオランダ代表FWフィンチェント・ヤンセンが加入したことで序列が下がったと見られていたが、指揮官の信頼を失ったわけではなかったようだ。

 メダル獲得を懸けて臨んだリオ五輪ではベスト8で敗退。敗れたホンジュラス戦のピッチでは人目をはばからず号泣した。失意を味わった韓国のエースは、プレミアリーグ2年目の今季こそ定位置を掴み取ることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 11:00

Football ZONE web