ここから本文です

悪童バロテッリのニース移籍が決定的に “ベン・アルファ復活劇”の再来なるか

Football ZONE web 8/31(水) 11:49配信

買い取りオプションなしの1年間の期限付き移籍

 リバプールから戦力外通告を受けていた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、仏1部で昨季4位のニースに移籍することが決定的になった。フランス地元紙「レキップ」などが報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 昨季期限付き移籍でプレーしていたACミランでリーグ戦1得点に終わったバロテッリに対して、ニースが獲得オファーを送り、31日にメディカルチェックを受けることが明らかになった。買い取りオプションなしの1年間の期限付き移籍になるという。

 バロテッリは今夏、移籍市場終盤までオファーがなく、キャリアの危機に立たされていた。セリエAのパレルモも窮地の問題児に対して獲得オファーを出していたが、完全に足元を見ていた。レンタル料なしで、年俸も700万ユーロの7分の1しか補填しないという激安オファーを出して物議を醸していたが、パレルモのダニエレ・ファッジアーノ強化部長は「交渉は終わった。バロテッリはパレルモには来ない」と地元メディアに語っていた。

 ニースは故障によりキャリアの危機に立たされていた天才ドリブラーのハテム・ベン・アルファが、昨季17得点と爆発し、今夏パリ・サンジェルマンにステップアップ移籍を果たしたクラブ。かつてインテルやマンチェスター・シティなどで輝きを放った悪童の、キャリア蘇生に向けた第一歩としては最適なクラブかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 11:49

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。