ここから本文です

「日本テレビジョンって、日本テレビじゃないですよ」 古川タクが草創期にリアルタイムで体験したイラストレーションやアニメーション業界事情

おたぽる 8/31(水) 18:01配信

 8月22日、広島市のJMSアステールプラザにて、アニメーション作家、イラストレーターであり、日本アニメーション協会会長の古川タクが登壇し、「古川タクQ&A」が実施された。このQ&Aも第16回広島国際アニメーションフェスティバルの一環。公式プログラムに掲載されているのは、大・中・小の3ホールで行われるもののみで、会期中は突発的にイベントが発生するのが恒例になっている。

 Q&Aの会場は来場者が持ち込み上映を行えるフレーム・イン。古川は今回、各受賞作品を決定する国際審査委員の1人であった。会期中は国際審査委員の作品上映とトークイベントの枠もあるが、前日21日の「日本アニメーション大特集15」でも、古川タク特集としてその枠が組まれていた。

 仕事を始めたキッカケを尋ねられた古川は、「ちょうど僕らが子供から大人になっていく時代ってのは、戦後の手塚マンガとか貸本マンガとかから始まって、高校生くらいの時に外国の1コママンガとかが入ってきたんですね。川本喜八郎さんとかの先生でもある『アサヒグラフ』の編集をしていた飯沢匡さんが興味を持っていて、いち早く日本のジャーナリズムに外国文化というかユーモアを取り入れてました。『週刊朝日』とか『文藝春秋』のようにマンガと軽いエッセイとか、星新一さんや筒井康隆さんが書くような小説が載る月刊誌があったんです」と、時代背景から説明。

「そんな勢いがあったなんて今では信じられないんですけど、そこには投稿マンガなんてのもあって、そこから実際に色んなマンガ家が出てきたんですね。いわゆる長編マンガじゃなくて、大人向けの1コママンガみたいなのが小説などと同じ感じで文化的なものとして扱われてた時代がありました。ある時期から久里洋二さんなんかは、そうした雑誌のスターになっていて、それを中学・高校時代から見てました。そんな感じでスタートしてるので、マンガもアニメーションもやりたかったし、イラストレーションもやりたかったんです」(古川)

 当時、日本にイラストレーションという言葉はなかったという古川。「イラストレーション入門みたいな本が出始めたのは、大学を卒業してからでした。『何だイラストレーションって。挿絵とどう違うんだろう』」と思っていたとか。

 古川は久里洋二実験漫画工房に入る前、TCJ(現:エイケン)にいたことでも知られている。「3年生、4年生になるとみんな就職とか言い出して、決まった人らが急に『我が社は云々』って偉そうなこと言うから、僕もそろそろどっか受けなきゃいけないかなと思って、日本テレビジョンっていうCMを作っている会社、日本テレビじゃないですよ、後のTCJの試験を受けたんです。何故かって言うと、モノクロの色んなCMが面白くて、そういうことをやってみたいなと思ったんです」と振り返った。

「今みたいにテレビの番組が埋まっていませんから、空いた時間にチェコのアニメーションを放送していたりしたんですよ。次の時間が来たらパッと途中で切れてニュースとかが始まっちゃうんですけど、そういうとこでやってたアニメーションが結構あったんですね。それでTCJってとこに入ってテレビCMみたいなのをやるのかと思ったら、ちょうど『鉄腕アトム』が始まったばかりで、その次に『鉄人28号』『仙人部落』『エイトマン』が3つ同時にスタートするとこだったんですね。それで入ったと思ったら『鉄人28号』の班に配属されて『そんな素人に描かせていいのか』って思うじゃないですか。もちろん東映動画とかから引き抜かれた上手い人たちがいて、彼らとは関係なくモブシーンとか何を描いてるか分からないとこのアニメーションをやりましたが」(古川)

 そして欠かすことのできない草月会館にまつわる話題も。「ちょうど同じ頃に久里さんと、真鍋博さん、柳原良平さんがアニメーション3人の会を始めて、その後にちょっと規模が大きくなってアニメーションフェスティバルみたいな名前になって、久里さんがアヌシー(国際アニメーション映画祭)で(『人間動物園』が)受賞して、そこで上映されてた作品を借りてきてたりとかしてました。ジャン=フランソワ・ラギオニーさんの『お嬢さんとチェロ弾き』とか、ジョージ・ダニングさんの『飛ぶ男』とか、凄く衝撃的なのを見て、その熱気が3、4年続いたかな」と懐かしんだ。

「草月会館は割と前衛的で先鋭的な美術学校の生徒が集まってきてて、ニューヨークから帰ってきたばっかりのナベサダ(渡辺貞夫)がコンサートしたりとか、寺山修司さんが演劇やったりとか、オノ・ヨーコさんがパフォーマンスしたりとか、そこに行けば毎日楽しくてですね。銀座に月光荘って画材屋さんがあるんですけど、後に森山良子さんが歌う『この広い野原いっぱい』の歌詞が書かれたスケッチブックをみんな小脇に抱えて、みゆき通りのジャズ喫茶とかでたむろしてました。それが夕方になると、ゾロゾロと草月会館に向かうんです」(古川)

 また、ジョージ・ダニングの『芝刈りデーモン』(原題『Damon the Mower』)が、みんなのうたで古川が制作した『以心伝心しよう』に影響を与えていることにも触れられた。

「もう長いことやってますから、当時、映像を見た人たちが業界の偉い人になってたりしていて、そこで必ず言われるのが、『タクさんの見て、絵なんてはみ出しててもいいんだってビックリした!』といったことですね。根本的に違うのは、大勢で作るのと1人で作ることだと思います。大勢で作るのは1つのものがあって、そこを目指して一緒に作っていくものなので、1人で短く気まぐれに作っていくものとは決定的に違うと思うんです。若い頃はとある決まったアニメーターと一緒にやってましたが、彼は僕の作品以外にも色々やるんですけども、ずっとやってたので心得ていて上手に動かしてくれるし」(古川)

 古川は現在、日本アニメーション協会の会長であり、昨春まで10年間に渡り、東京工芸大学で教授も務めていた。岡山県真庭市の町並み保存地区・勝山での取り組みも、ゼミ生と共に行っていた。

「町の中心に多目的ホールがあって、そこで色んな展覧会とかやってて、外国の作家を呼んでレジデンスをやったりしてたのの一環で、遊びに行ったんですよ。それから『やりましょう』となって、学生たちに何かやってもらうのにちょうどいいなと思って始めたのかな。自分の展覧会をやって学生たちにプロジェクションマッピングをやらせたら、町の人たちが見に来てくれたんです。雨が降っても様子を見に来てくれたりして、そこは花火もやってるんですが、2年、3年たったら花火と同じくらいに楽しみにしてくれるようになりました。今は橋本(裕充)ゼミが受け継いでます」(古川)

 最後に使っている制作ソフトについての質問も。「パソコンは僕にとっては魔法の箱で、クレヨンや鉛筆を使ってるのと変わらないんですけど、新しい機械が好きで80年代にApple IIcで始めてからマックを使ってますから、何も分からないけどとにかく好きなんです」と古川。「パソコンを使うにしても、紙に動画描いて色塗ってってのが踏襲されないとしょうがないから、After Effectsとか学生に習っても分からなかったりするので、RETASを覚えて短いものを遊びで作ったりしてます。やっと普通に色々できるようになりました」とのこと。

 一方で、世界最高齢アニメーション制作集団「G9+1」のメンバーとしての活動も続いている。「すぐ終わるかと思ったら10年くらい続いていて、2年に1本くらいオムニバスで作っています。よく続いてるなと思うんですよね。言い出しっぺは杉並アニメーションミュージアムの館長でもある鈴木伸一さん。あの“ラーメンの小池さん”ですね」。メンバーの合計年齢は、730歳を超えたという。
(取材・文/真狩祐志)

■広島国際アニメーションフェスティバル
http://hiroanim.org/

最終更新:8/31(水) 18:01

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ