ここから本文です

W杯最終予選の白星発進を誓う清武 セビージャでの「いい流れを持っていきたい」

Football ZONE web 8/31(水) 13:47配信

初挑戦のスペインで得た自信

 日本代表MF清武弘嗣(セビージャ)が、今季から挑戦中のスペインで磨きをかけたプレーをハリルジャパンで披露する。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、9月1日のUAE戦(埼玉スタジアム)、6日のタイ戦(バンコク)のために代表チームに合流した清武は、「プレッシャーはない」と自信をのぞかせ、「引き分けはいらない」と勝利にこだわる姿勢を見せている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 日本代表は30日に埼玉県内でトレーニングを行い、強い雨が降るなかでの冒頭15分間のみが報道陣に向けて公開された。スペインから帰国したばかりの清武は練習後、移籍後初めての代表でのゲームに向けて、新天地でのプレーを持ち込みたいと意気込んだ。

「開幕から試合に出させてもらえているので、嬉しいことです。代表に来て、いい流れをそのまま持っていきたいと思います」

 清武は今夏にハノーバーからセビージャに移籍。初挑戦ながら、UEFAスーパー杯でレアル・マドリードと、スペイン・スーパー杯でバルセロナと対戦するなど、いきなり世界屈指のメガクラブとの対戦を経験。リーグ戦でも2試合連続でスタメン出場し、開幕戦のエスパニョール戦では1得点1アシストと鮮烈なデビューを飾った。

 セビージャを率いる戦術家ホルヘ・サンパオリ監督と、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督には共通点もあると語っている清武。代表とクラブは「全く別物」と語っているが、生かせる部分もあると主張している。

「今回は絶対に負けちゃいけない試合」

「走ることだったり、デュエルだったりっていうのはハリルさんもサンパオリも一緒ですけど、そういう変わらないものはあります。セビージャの選手もみんなボールを持てますし、代表の選手もみんなボールは持てるので、そのなかで感覚は似ていると思います」

 負けず嫌いの清武は、アジア最終予選の流れを左右する重要な初戦を前に「プレッシャーですか? ないですよ。あんまり。すごく楽しみです」と自信を漲らせている。勝利の二文字以外は眼中にないようだ。

「負けることは好きじゃないし、今回は絶対に負けちゃいけない試合だと思う。ホームでの初戦で、正直引き分けもいらないと思っているので、厳しい戦いになると思います」

 初戦で激突するUAEは、15年1月のアジアカップでPK戦の末に敗れた因縁の相手。清武は重要な一戦での必勝を誓った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 13:47

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ