ここから本文です

アーセナル、ついにドイツ代表CB獲得を発表! 移籍期間終盤に67億円以上投入

フットボールチャンネル 8/31(水) 7:24配信

 アーセナルが30日、バレンシアから24歳のドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィを獲得したことを発表した。英メディア『BBC』によると、移籍金は3500万ポンド(約47億2000万円)以上になったとのこと。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 アーセナルではCBペア・メルテザッカーとCBガブリエウが負傷離脱しており、その穴を埋めるためムスタフィ獲得に動き出した。アーセナルは2000万ポンド(約26億3000万円)から2500万ポンド(約32億9000万円)の間で獲得を狙ったが、バレンシア側は3000万ポンド(約39億5000万円)を要求。提示額と要求額の差が埋まらなかった影響で交渉が長引いた。

 結局、アーセナルが3500万ポンド以上を支払うことでクラブ間合意に至っている。ムスタフィ本人とはメスト・エジルの助言もあり早々に個人合意に達していた。デポルティボ・ラ・コルーニャから獲得したFWルーカス・ペレスを合わせ、移籍期間終了を前にしてアーセナルは5000万ポンド(約67億4000万円)ほど費やしている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 7:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。