ここから本文です

「フジは美化しすぎ」“イベント参加年間300回”有名声優イベンターのバラエティ番組出演で、オタクから批判の声殺到!?

おたぽる 8/31(水) 20:00配信

 30日深夜にフジテレビ系にて放送された『オタカル最前線2016夏』に、〈話題のトップオタク〉として、ある“有名イベンター”が出演し、オタクたちの間でさまざまな議論を呼んでいる。

 先月「夏コミ」に参加し話題となったT.M.Revolutionの西川貴教と、吉田尚記アナウンサーがMCを務めるこの番組。今回の放送では、8月12日から3日間の開催で53万人の来場者数を誇る「コミックマーケット90」や、今年で開催14年目を迎える国際的なコスプレイベント「世界コスプレサミット」、世界最大級のガレージキット「ワンダーフェスティバル」などのオタクカルチャーが紹介されたのだが、その中で、界隈では“有名”なイベンターが登場した。

 その人物とは、年間300回、声優イベントに参加するという、トップイベンターの和田氏(27)。いつもユニクロのTシャツを着ていることから、彼は“青Tの和田”と呼ばれているそうだ。一日密着取材のこの日は、秋葉原で行われる4つのイベントをハシゴするという。

 オタク的なイベントの初参加はコミケ、声優イベントとしては、2003年、自身が15歳のときに参加した水樹奈々のイベントが始めてだったという和田氏。イベント参加の条件は、「会いに行ける状況だったら会いに行くこと」だという。この日は、定員数の関係でお目当てのイベントの参加を断念するというハプニングに、「トークショーなのに映像だけじゃ意味ない」と悔しさを滲ませる場面もあったが、3つのイベントに参加。

 最後に訪れた、『アイドルマスター ミリオンライブ!』の伊吹翼役で知られる声優・Machicoの最新シングル「Ambitious*」発売記念イベントでは、顔なじみの店員やイベント仲間と談笑しつつ、イベント中も楽しげな笑顔を浮かべていた和田氏。ラストのMachicoとのトークと握手まできっちり楽しんだようだ。取材の最後、カメラマンにイベント参加を続ける理由を聞かれると、「楽しいからでしょ。やめられないし」と得意気に回答。「楽しかった?」との呼びかけには、「会いたい人に会えたわけだし。そういうもんでしょ」と、イベントにも満足した様子で足取り軽やかに会場を後にした――。

 そんな和田氏は、昼食休憩の際、アイドルリズムゲーム(おそらく『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』)をプレイ。「160万円以上を課金している」という和田氏は、低額課金者に対し「外れた程度で諦めんなよ」「当たるまでやらないとガチャじゃない」「それだったら最初からガチャやるな」と名言(?)を吐く場面も。

 和田氏は実は、12年にTBS系のドキュメンタリー番組『なんだ君は!?』にも出演しており、Twitterで「青T」「和田」がトレンド入りを果たすなど、オタクたちの間で話題となった和田氏だが、今回も、「やばい青Tの和田さんおもしろすぎwwwww」という声や「どうやって年300も参加しているんだろ?」「一体どんな仕事をしているのだ」「散財できる収入が欲しい」と、和田さんの経済力を羨む声など、ネット上では様々な声が上がっている。

 中には「それにしても口が悪い」「何で上から目線なのか」「ずっとタメ口で腹立つ」などの声も上がっているが、和田さんのツイッター(@aot0915)によると、「撮影者知り合いなんでタメ口ですw」と、もともと交流があったため、タメ口になったようだ。

 また、イベントでの迷惑行為により、悪評も囁かれている和田氏だけに、「自分の行くイベントには来ないで欲しい」「1人のオタクが目立ちすぎるとなんかオタク代表みたいになるから少しは自重して」「フジは美化しすぎ」「厄介なのに何で『この人は界隈では凄い人』みたいな紹介をされているのか分からない」と批判的な意見も多くみられるが……。

 そんな和田氏、本日31日11時ごろには「そろそろ渋谷行きますか」とツイート。今回、和田さんの職業などは明かされていないため、そのお財布事情が気になるところだ。

最終更新:8/31(水) 20:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。