ここから本文です

チェルシーが衝撃の出戻り補強! 2年前にPSGへ放出したD・ルイスに40億円復帰オファー

Football ZONE web 8/31(水) 14:50配信

クリバリ、ロマニョーリ獲得失敗で“ウルトラC”補強へ

 アントニオ・コンテ監督率いるチェルシーが、2014年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)へ放出したブラジル代表DFダビド・ルイスに3000万ポンド(約40億円)の復帰オファーを送っていることが判明した。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 チェルシーは2年前に、ルイスをDFとして当時の移籍金史上最高額の5000万ポンド(約67億円)でPSGに放出した経緯があるが、センターバック獲得が難航している状況で売却時の3分の2以下の金額で復帰を打診しているという。オファーには移籍金40億円にボーナスが含まれると見られている。

 夏の移籍マーケットも閉幕まで残り1日となったが、交渉はすでに行われており、ルイスもロンドンへの復帰を熱望しているという。

チェルシーには2011年から3シーズン在籍

 今季からイタリア人のコンテ監督が指揮を執るチェルシーは、センターバック補強に向けて活発な動きを見せていた。ACミランのU-21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリとセリエAの若きタレントを狙っていたが、獲得は実現していなかった。

 最終ラインからの正確なフィードと積極果敢な攻撃参加が武器のルイスは現在29歳で、2011年から14年までの3年間にわたってスタンフォード・ブリッジで活躍。公式戦143試合に出場し12得点を記録していた。

 ブラジル代表の攻撃的CBは今夏、衝撃の古巣復帰が実現するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 14:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。