ここから本文です

“リトル・モーツァルト”が15年ぶりに母国の名門に帰還! 「レジェンドが戻ってきた」

Football ZONE web 8/31(水) 16:40配信

アーセナル退団のロシツキーが古巣スパルタ・プラハと2年契約

 アーセナルを契約満了となったチェコ代表MFトーマス・ロシツキーが、プロデビューを果たした母国のスパルタ・プラハと2年契約を結ぶことで合意に達し、2001年以来、実に15年ぶりの古巣復帰を果たすことになった。クラブは公式ツイッターで「レジェンドが戻ってきた」と伝えている。

英メディアも感嘆! 世界トップレベルで活躍する「35歳以上ベストイレブン」

 ロシツキーはスパルタ・プラハの下部組織で育ち、1999年に18歳でトップデビューを果たすと、リーグ制覇を経験した。2年後にはドイツの強豪ドルトムントへ渡り背番号「10」を託されると、一躍スターダムを駆け上がった。2006年からはアーセナルでプレー。今夏に10年間所属したガナーズから退団することが決まっていた。
 
 新天地は古巣であるチェコの名門スパルタ・プラハに決まった。実に15年ぶりとなるロシツキーの復帰をクラブも大歓迎。公式サイトは「ついに実現した! トーマス・ロシツキーがボルシア・ドルトムントとアーセナルでの成功を経て、彼のクラブに戻ってきた」と大々的に報じている。
 
 今夏の欧州選手権にもチェコ代表の主将として出場したロシツキーだが、グループリーグ第2戦のクロアチア戦で太ももを負傷し、大会途中に戦線離脱していた。代表105キャップ23得点を記録する母国の英雄だが、負傷によって近年はアーセナルでも十分な活躍を見せることができなかった。その華麗なボールタッチと攻撃センスから“リトル・モーツァルト”の愛称で知られる男が、古巣で完全復活を果たすことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 16:42

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。