ここから本文です

本田にラツィオ移籍が急浮上! ミランがセネガル代表FW獲得の交換要員に指名か

Football ZONE web 8/31(水) 17:54配信

伊メディア報じる 移籍市場最終日にFWケイタ獲得の動きに合わせて急展開も

 ACミランの日本代表FW本田圭佑に、移籍市場最終日にしてラツィオへの移籍が急浮上した。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 イタリアの移籍市場は現地時間31日の23時、日本時間で9月1日の6時に閉じるが、そのタイムリミット直前に本田の去就問題が再燃した。現地時間31日の朝になり、ミランは前線の補強としてラツィオのセネガル代表FWケイタをリストに浮上させ、その交換要員として本田が急浮上したという。

 本田は現在ミランではスペイン人FWスソにレギュラーポジションを奪われている上に、自身も「確かに序列のスタート地点、今までと何が変わったかというと、僕が契約満了に近づいてきている選手ということになってきて低い」と、チーム内での立場が大きくないことを認めている。

 ラツィオはCSKAモスクワ時代に本田の獲得に動いて失敗した経緯がある。昨季はリーグ戦で1ゴール3アシストと低迷した本田に対し、ラツィオ側の評価がどう変化しているかは不透明な部分も多い。

 果たして、移籍市場最終日に急浮上した本田のラツィオ行きの結末はどうなるのか。1日には日本代表の一員としてワールドカップ最終予選の初戦になるUAE戦を日本で戦うだけにメディカルチェックなどの問題もあるが、移籍市場のタイムリミットが来るまで目が離せない展開になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/31(水) 17:58

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。