ここから本文です

“家なき子”バロテッリ、新天地はフランスへ。明日メディカルチェックとも報道

フットボールチャンネル 8/31(水) 8:20配信

 未だに将来が不透明なリバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリだが、ようやく行き先が決まったようだ。30日付の仏紙『レキップ』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたことで今夏の移籍が確実視されてるバロテッリ。最近では生まれ故郷であるパレルモへの移籍の可能性が現実味を増して来ていたが、どうやら新天地は自身初となるフランスとなりそうだ。

 フランスのクラブとは、パレルモの前に候補地として噂に挙がったニースである。同日の午後に代理人のミーノ・ライオラ氏は、リバプールとニースが未だにクラブ間合意に至っていないと言いながらニースへの移籍の可能性について記者の目を欺こうとした。

 その一方で、仏紙『ニース・マタン』や仏メディア『RMCスポーツ』といったフランスの大手メディアは、リバプールがバロテッリの高額年俸の大部分を負担するつもりがあることを報道。そして、明日の朝に予定されているとみられているメディカルチェックを受けた午前遅くにも、すでに正式発表が出される可能性があると報じている。

 これにより、最近になって新天地の候補となった様々なクラブの1つであるパレルモへの移籍の可能性が消滅。“家なき子”バロテッリは、ようやく再出発を図るための新たな居場所を見つけ出したようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/31(水) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。