ここから本文です

乃木坂46 若月佑美『二科展』5年連続入選 「『笑い』や『笑顔』を疑問視しながら作った」

リアルサウンド 8/31(水) 16:00配信

 乃木坂46の若月佑美が『第101回 二科展』にて5年連続入選を果たした。

 若月は、8月31日から9月12日まで、国立新美術館にて開催される「第101回 二科展」にて、デザイン部のA部門に入選。A部門は自由テーマの部門となっており、若月が描いたテーマは「笑み」。様々な意味を持つ「笑い」「笑顔」を疑問視して作り出されたものだ。

 今回、デザイン部で応募された作品数は約2,000点で、A部門での入選作品は約100点。二科会デザイン部理事長・今村昭秀氏は、若月の作品に対して「作品にユーモアがあり、具象的かつ抽象的で、表現力が素晴らしい作品だと思います」と評価した。

・乃木坂46 若月佑美 コメント

嬉しい事があると人は笑う。悪事を企んでいる人も笑う。世の中には愛想笑いという言葉すらある。笑うって一体なんだろう? 本当の笑顔って何だろう? と、『笑い』や『笑顔』を疑問視しながら作品を作りました。また5年連続の入選を本当に嬉しく思うと同時に、いつかは入賞出来るように頑張ります!

リアルサウンド編集部

最終更新:8/31(水) 16:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。